仮想通貨で儲かるは嘘?儲かる仕組みについて解説

仮想通貨儲かる

仮想通貨って本当に儲かるの?
仮想通貨に参入したいけど今更遅い?
仮想通貨で儲けるためには何が必要?

この記事を見つけたあなた仮想通貨取引に興味を持っているのではないでしょうか。

2018年は仮想通貨の価格変動が起こり暴騰・暴落を繰り返しました。

結論から言うと、仮想通貨は誰でも簡単に儲けられるとは言えませんが、コツや仕組みを理解することで儲けることは可能でしょう。

この記事では、仮想通貨取引に新規参入したい方に、仮想通貨で儲かる仕組みや仮想通貨の始め方まで初心者の方でもわかりやすく解説しています。

この記事を最後まで読めば、初心者の方でも仮想通貨についての基礎知識から始め方まで理解することができるでしょう。

※仮想通貨取引はハイリスクハイリターンです。儲かる可能性もありますが、リスクも高いことを心得ておきましょう。

仮想通貨で儲かる仕組み

crypto-earn-structure

仮想通貨で儲かる仕組みは非常にシンプルで、価格が安い時に買い、価格が上がった時に売ることで価格差分を儲ける投資方法となっています。

実際に、2017年から2018年にかけビットコインは約20倍、他のアルトコインでは最高500倍以上価格が上昇した通貨もあり、売買するだけでも好調時であれば高いリターンが望めます。

しかし、仮想通貨取引で一番難しいことが、価格の上昇を予想することです。

仮想通貨の価格の変動を予想する手段としては、下記の2つの手法があります。

予想する手段
  • ファンダメンタル分析
  • テクニカル分析
ファンダメンタル分析とは
ファンダメンタル分析とは、仮想通貨の新技術導入や法制化など社会的事象から価格の変動を計る方法です。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、ビットコインのチャート上で様々な数値やツールを使い価格の変動を計る方法です。

このように、仮想通貨で儲ける方法は価格差を利用して売買するという一見簡単な手法ですが、価格予想をすることが非常に難しいので、誰でも簡単に儲けられるとは言えないでしょう。

どういうときに仮想通貨で儲かる?

crypto-earn-when

仮想通貨のトレードのおいては、安く買って、高く売ることが儲けるコツです。

価格が低迷している時こそ仮想通貨を購入するにふさわしく、その後価格が上昇した場合に大きなリターンを望めるタイミングでもあります。

どういったタイミングで価格が上昇するのか過去のイベントを例に見ていきましょう

価格が上昇するイベント例
  • ビットコインETFの承認
  • ライトニングネットワークの採用
  • ビットコインの半減期

上記のようなイベントをチェックしておくことで、価格が上がるポイントを予測できます。

ビットコインETFの承認

ビットコインETFと呼ばれるビットコインの上場投資信託があり、株と同様に証券取引所に1つの銘柄としてビットコインが上場しました。

そのためビットコインETFが承認されると、ビットコインの信頼性・認知度の上昇、投資家からの資金流入によって価格の上昇が見込めます。

ライトニングネットワークの採用

ライトニングネットワークとは簡単に説明すると、ビットコインの送金時間を短縮・減額可能にするための仕組みです。

この仕組みによってビットコインの送金速度の向上や送金にかかる費用を抑えることができ、決済システムへのビットコイン導入を進めやすくなります。

実用化が進むことも通貨自体の価値が上がるため、価格の上昇が期待できる要因とされています。

ビットコインの半減期

ビットコインは4年に1度の半減期があります。

半減期とは、ビットコインのマイニングにかかる報酬が減少する期間のことを指し、報酬が減ることで流通量も減少します。

そのためビットコインの価格の上昇することが予想されます。

今年はこれで儲ける!おすすめの投資方法【4選】

crypto-earn-how-to-trade

リップルのガチホ(長期保有)

どの通貨でもガチホしていれば儲けられると思っていませんか?

それは大きな間違いです。

現在は、きちんとその通貨の将来性や機能性や投機性をみて投資する仮想通貨を選ばないと、その仮想通貨がほぼ無価値になることもあり得ます。

どんなトレード、投資にもリスクはつきものです。

たくさんの仮想通貨の中で、将来性が特に期待されているのは「リップル(XRP)」です。

国際送金は、今後、リップルの技術を用いて大きく飛躍していくでしょう。

あなたも、リップルの将来性に魅了されたのならリップルをガチホしてみましょう!

アルトコインFX短期トレード

あなたは、仮想通貨にもFX(レバレッジ取引)ができることを知っていますか?

仮想通貨投資といえば、現物取引と思われがちですが、現在アルトコインFXはとても勢いをつけています。

なぜアルトコインFXが勢いがあるのか
  • ボラリティが高い(値動きが激しい)
  • 機能性や将来性があるコインを見極められる
  • 下げ相場でも儲けを出せる

アルトコインというのは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

アルトコインはボラリティが高いゆえに、リスク回避のため短期トレードが人気のようです。

数分、数時間のうちに大幅に価格が変動するため、レバレッジ取引で大きく儲けられるということです。

仮想通貨FXには、もちろんリスクも伴いますがその分お大きな利益を得られるチャンスもあります。ぜひ、あなたもアルトコインFXを体感してみてください。

コイン積立

仮想通貨の取引で儲けを出すには、多少なりとも知識や経験も必要になってきます。

でも「なんだか難しそう」と思う投資初心者の方や「チャートを見る時間がない」という忙しい方にはコイン積立投資がおすすめ。

積立投資は少額ずつ資金を定期的に投資していく投資手法のことで、仮想通貨だけではなく様々な分野で行われている投資方法です。

コイン積立のメリット
  • 少額からでもできる
  • 忙しくて時間がない人でもできる
  • 精神的に楽

コイン積立は1,000円くらいの少額から始めることできて、口座の登録をすれば自動的に引き落とされて積み立てをしてくれるので手間がかかりません。

その上、チャートを気にしながら相場の上がり下がりに一喜一憂することもあまりないので、普通のトレードより精神的に楽だと思われます。

デメリットとしては、毎月コツコツ積み立てますので一気に儲けるのは難しく、一度設定すると放置気味になってしまい、仮想通貨やトレードについてあまり学ばなくなってしまうところです。

ですが、仮想通貨を始めたばかりでトレードについてよくわからなかったり、トレードをする時間がない人にとってはおすすめの投資方法と言えるでしょう。

レンディング(貸出)

レンディングとは、自分が保有している仮想通貨を、仮想通貨取引所に預けることによって利益を得ることのできるサービスです。

メリットとしては、預けているだけで金利が得られて、銀行に日本円を預けるよりも金利が高く、仮想通貨の売買をする時間のない方でも比較的安定して利益を得ることができます。

預けている期間は売買や送金ができないというデメリットはありますが、仮想通貨を長期的に保有したいという方にはおすすめです。

今後伸びるかもしれない注目の仮想通貨4選

crypto-earn-attention

ここでは今後注目の仮想通貨をご紹介します。

価格上昇が見込めるポイントは以下の3つ。

価格上昇が見込めるポイント
  • 通貨に備わった技術・特徴
  • 信頼性・実用性
  • 購入しやすさ

通貨の中には過度に誇張されたセールスPRや詐欺まがいの通貨も紛れているため、仮想通貨を購入する際にはプロモーションや評判のみで判断せずにしっかりと見極めることが大切です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは、ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨。

最大の特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる取引手続きを自動化できる仕組みが備わっていて、時間と費用のコストを抑えることができるというのがメリットです。

イーサリアムのブロックチェーンを活用し新しい通貨や、Dappsゲームと呼ばれるブロックチェーン上のゲームが開発されており、中央管理者がいなくても機能し、コストも抑えられると注目されています。

このように機能性において「ビットコインよりもポテンシャルが高い」と評価されており、特にスマートコントラクトの技術に関しては多くの企業からも注目されています。

リップル(XRP)

リップルとは、金融機関に特化したソフトウェア開発企業のRipple Inc. が開発した、決済・送金に優れた仕組みを持つ仮想通貨。

ILP(インターレジャープロトコル)という、通貨や決済手段の違いを埋め合わせてくれる仕組みが備わっていて、海外でのショッピングで通貨や対応カードの違いなどの問題が発生した際に、ILPの仕組みにより決済手段の違いを埋め合わせをすることが可能です。

また、リップルではXRP Ledgerという送金スピードが早く、手数料を安くする仕組みも備わっていることからも、主に企業間の送金手段としても利用されています。

時価総額6位にランクインしており、Ripple Inc.との提携をしている銀行も世界中にあり信頼性も高いことから、非常に人気が高く所有者も多い通貨です。

クアンタム(QTUM)

クアンタムとは、簡単に言うとビットコインとイーサリアム、2つの通貨の特徴を融合した通貨。

ビットコインの残高表示システム(UTXO)やイーサリアムのスマートコントラクトなど、2大通貨のメリットを兼ね備えており、匿名性にも優れています。

また、クアンタムではUTXOとスマートコントラクトを連携させた独自の技術アカウントアブストラクトレイヤー(AAL)という仕組みを構築し、安全性の高い企業間デジタル契約の技術を開発しています。

実用化に向けてはまだまだですが、技術革新を目指した仕組みが多く、高度な機能性を有している通貨としても知られています。

ウェーブス(WAVES)

ウェーブスはトークン作成ができる多機能の金融プラットフォームです。

取引所なしで他の仮想通貨と取引ができるのでリスクが低く、世界中の企業などと提携しているため早期の実用化が予想されます。

さらにイーサリアムのように、誰でもオリジナルのトークンを作れるプラットフォームとしても利用でき、機能を自由にカスタマイズすることが可能。

トークンを作成する人の目的にそって機能をカスタマイズして独自のサービスに使うことができるのです。

このような点から多くの投資家から期待されており、今後が楽しみな銘柄です。

仮想通貨の始め方

crypto-earn-how-to-start

投資のタイミングを逃してしまわないためにも、仮想通貨投資の始め方について以下では初心者の方にもわかりやすく説明します。

仮想通貨の買い方

まず、仮想通貨の購入方法は大きく分けて以下の4つあります。

仮想通貨の購入方法
  • 取引所で購入
  • 販売所で購入
  • マイニングで手に入れる
  • 特典でビットコインを入手する

この中でも特に、取引所で購入する方法がお得かつ、初心者でも簡単に仮想通貨を入手できるとされています。

取引所で仮想通貨の購入をするには、まず取引所に登録する必要があります。

取引所の登録方法は非常に簡単で、

取引所の登録方法
  1. メールアドレスとパスワードを設定
  2. 本人確認書類(免許証など)の写真をアップロード
  3. 後日届くハガキを受け取る
  4. ログインして取引を始める

上記4つのステップを、ネット上での手続きだけで完了することができます。

仮想通貨はいくらから買える?

ビットコインは数十円単位から購入することができます。

取引所・販売所からの購入であれば、0.0001BTCほどの金額から購入できます。

仮想通貨初心者の方は、取引に慣れるまでは少ない金額から売買することをおすすめします。

仮想通貨でオススメの取引所

crypto-earn-exchange

また、仮想通貨を購入する「取引所」を選定することでも、よりお得に仮想通貨を取引することができるでしょう。

取引所にはそれぞれ、以下のような違いがあります。

取引所の違い
  • 手数料
  • 取り扱い通貨の種類
  • 流動性(注文の通りやすさ)
  • レバレッジ取引に対応しているか

そのため、よりお得に取引をするためには自分に合った取引所を選ぶ必要があります。

Huobi Japan

運営会社 フォビジャパン株式会社
取扱通貨数 47種類以上
取引手数料 0%~0.2%

Huobiは世界で最大級の取引量のHuobiが運営する国内取引所です。

ノウハウのある海外の大手取引所で培われた機能が備わっているので、初心者でもわかりやすく取引することができます。

国内取引所としては取扱通貨数がかなり多いのが特徴です。

Huobi Japan

\Huobi Japan公式サイトはこちら/

DMMコイン

dmm-logo

運営会社 株式会社DMM Bitcoin
取扱通貨数 15種類以上
取引手数料 無料

DMM.comといえば、ゲームや電子書籍などの幅広いジャンルでネット販売を手がけ、FX事業など金融の知識にも精通している日本の企業です。

アルトコインのレバレッジ取引の種類が豊富なことでも有名です。

特徴としては、取り扱い仮想通貨の種類が多く、取引ツールも豊富。

入金や出金は無料なのでお得です。

その他、LINEでのサポートを365日行うなど、ユーザーに優しい取引所です。

仮想通貨取引で注意すべき3つの事

crypto-earn-caution

仮想通貨取引を行う上で注意しておくこと以下の3つあります。

注意すべきポイント
  • 安全なセキュリティの下で資産を管理する
  • 投資先を分散させる
  • 詐欺コインに気をつける

仮想通貨投資にはもちろんリスクが伴います。そのため、上記3つに注意する事で自身の資産を守るリスクヘッジとなります。

以下では仮想通貨取引で注意すべき3つの事について詳しく説明します。

安全なセキュリティの下で資産を管理する

仮想通貨投資をする上で、最も大切なことは自分の資産を守ることです。

仮想通貨に関して、コインチェック・Zaifのハッキング事件など様々な事件が起こりました。

このような事件からも、仮想通貨は常に攻撃されるリスクがあり、自身の資産を守るためには安全なセキュリティ体制での管理が大切となります。

仮想通貨管理で一番安全な管理方法といえば、コールドウォレットでの管理でしょう。

コールドウォレットとは

インターネットと完全に切り離した環境で通貨を管理する方法で、ネットからのアクセスができないため、サイバー攻撃のリスクが無くなります。

また、最近では仮想通貨取引所に資産を預けている人も多いでしょう。

その場合、コインチェックやZaif等の二の舞にならないためにも、セキュリティの高い取引所を選ぶ必要があります。

投資先を分散させる

仮想通貨に投資をする上で、特定の通貨1つに投資することは危険です。

確かに、価格が上がる期待できる通貨に集中投資することでハイリターンを望むことができますが、高額で賭けすぎると価格が下がった場合に大きなリスクとなります。

そのため、仮想通貨で安定的に儲けるためには、価格の上昇が見込める通貨を複数選定し、分散して投資させることでリスクを抑えることができます。

特に、短期的でなく長期保有で投資をしたい方にとって「損をしない」ことを念頭に投資することが、資産を増やすコツとして大切になります。

詐欺コインに気をつける

現在では2000種類以上の仮想通貨があり、ネット上では価格の上がる新しい通貨(草コイン)の情報が飛び交っています。

しかし、草コインの半数以上は詐欺と言われている通り、ICOでお金だけを集めて上場後に価格が急落するものや、消えていく詐欺コインも非常に多くあります。

そのため、ネット上の過剰な評判や、通貨の誇張されたプロモーションに手を出すことは危険です。

確かに、無明の仮想通貨が価格が数倍にまで上がったという事例もありますが、本質的な理由なく投資をするのはリスクが大きいでしょう。

そのため、投資する通貨を選定する場合には様々な情報を仕入れ、安全確認をしっかりするように心がけましょう。

まとめ

crypto-earn-matome

仮想通貨投資の始め方は、取引所の開設から取引開始まで初心者の方でも簡単に進めることができます。

あくまでも投資に伴うリスクは自己責任なので、仮想通貨取引を行う際は、

注意すべきポイント
  • 安全なセキュリティの下で資産を管理する
  • 投資先を分散させる
  • 詐欺コインに気をつける

上記3つの事に気をつけ、安全な仮想通貨取引を楽しんでください。

bfポップアップ