注目海外取引所|BTCCが11周年キャンペーンを開催中!

イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?最新チャート・ニュースから価格推移を予想

イーサリアム(ETH)は今後価格が上昇するでしょうか?
イーサリアムの最新チャートやニュースが知りたい!

仮想通貨の時価総額が、第2位のイーサリアム。

仮想通貨全体の冷え込みにより、価格が下落しています。

イーサリアムの価格はどうなるのか?

最新チャートや最新ニュースから今後の価格推移を予想します。

この記事の概要
  • イーサリアム(ETH)の現在の価格は下落後に安定している
  • AIはイーサリアムが今後上昇すると予想している
  • イーサリアムのネットワークが大型アップグレードされる
  • 専門家もイーサリアムが今後上昇すると予想している
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

仮想通貨FXなら借金リスクゼロのBybitがおすすめ
bybit

【Bybitなら本人確認なしで30秒後に取引開始!】

結論から言うと、最もおすすめな海外仮想通貨取引所はBybit(バイビット)です。
  • 取り扱い通貨は220種類以上
  • 最大レバレッジ100倍&ゼロカットで借金リスクなし
  • 各種手数料が最低水準でMaker手数料マイナス
  • 日本語完全対応&セキュリティへの多額の投資(利益の約20%)
  • 初回ボーナス・キャンペーンが豊富
仮想通貨FXで効率的に利益を狙うための要素が揃った、初心者から上級者までマストで開設したい海外取引所です。 バイビットキャンペーン

\Bybit公式サイトはこちら/

イーサリアム(ETH)の今後は?最新のチャート・価格予想

イーサリアムの今後

イーサリアムの今後の価格を最新チャートとAIの2つの観点から予想します。

最新チャートから価格予想

イーサリアムの今後

2022年5月にLUNA(テラ)のシステムが崩壊しました。

テラの崩壊により、イーサリアムを含め全ての仮想通貨の価格が下がりました。

また、アメリカの連邦準備理事会が金融引き締めを行いました。

この2点により、7月以降もイーサリアムはさらに下がると予想されていました。

しかし、イーサリアムの大型アップデートのニュースにより、価格は落ち着きました。

イーサリアムのアップデートは、9月に予定されています。

価格が大幅に下落したあとに買うことで、大きく利益を得ることができます。

今のうちに仮想通貨の取引所の口座開設をすることをおすすめします。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

AIによる価格予想

AIによる価格予想を以下にまとめます。

AIによる価格予想

全てにおいて価格が上昇すると予想されています。

AIの予想からもイーサリアムは期待できるでしょう。

ただし、自然災害や急な有事などでイーサリアムが暴落する可能性は大いにあります

AIの価格予想は「あくまでも数値的な視点での判断材料」なので、過度に信じることは控えましょう。

最新ニュースからイーサリアム(ETH)の将来を見る

イーサリアムの今後

「イーサリアム2.0」のロードマップが公開

イーサリアムは、現在以下の問題を抱えています。

イーサリアムが抱えている問題
  • ネットワークの利用者が多い場合、処理に時間がかかる(処理時間問題)
  • 取引の承認に電力消費が激しい高性能なコンピューターが必要(環境問題)
  • ネットワークの利用料が高い(利用料問題)

問題解決のために「イーサリアム2.0」の開発が進められています。

開発が進められている「イーサリアム2.0」のロードマップが公開されました。

「イーサリアム2.0」のロードマップを簡単に説明します。

STEP.1
The Merge

現在運用中のネットワークETH1を取引の承認に高性能なコンピューターを必要としないETH2に統合する。

「The Merge」は、2022年9月19日に実施が予定されている。

STEP.2
The Surge

取引を行うためのブロックチェーンの個数を増やし、処理能力の向上を実現する。

STEP.3
The Verge

取引状態が記録されたデータを保持しなくてもよいネットワーク環境に変更する。

データの保持が不要なため、ネットワークのコスト削減につながる。

STEP.4
The Purge

履歴データの削除し、クライアントのコスト削減を行う。

STEP.5
The Splurge

STEP1からSTEP4を統合する。

また、さらなるセキュリティ向上を実現する。

ロードマップから分かるように、イーサリアムの開発者は問題解決に取り組んでいます。

このロードマップの完了は、およそ10年かかるとも言われています。

イーサリアムの購入の際は、長期的な投資目的で考えるのもよいでしょう。

イーサリアムのネットワークが大型アップグレード

ロードマップでも説明した通り、2022年9月19日に大型アップグレード「The Merge」が実施される予定です。

アップグレードにより、コンセンサスアルゴリズムをPoWからPoSへ移行します。

PoSの移行によりスマートフォンでも取引の承認に参加できます。

よって、電力消費が激しい高性能なコンピューターが不要となり、消費電力を抑えることができます。

環境問題に取り組むことにより利用者が増加し、価格の上昇が期待できます。

今回の大型アップグレードに向けて、イーサリアムの購入の準備をするのもよいでしょう。

コンセンサスアルゴリズム

日本語では「合意方法」と言います。

暗号化された取引情報のブロックをブロックチェーンの最後尾につなげるための技術です。

種類には、PoWやPoSなどがあります。

PoW

Proof Of Workの略です。

移行前のイーサリアムやビットコインに取り入れられているコンセンサスアルゴリズムです。

仮想通貨の多くは、中央に管理者がいません。

そのため送金に整合性を持たせるためには、取引の承認や合意を行う第三者が必要です。

PoWでは、取引の承認や合意を行う第三者(マイナー)が取引の正しさを計算(マイニング)しています。

マイナーは、計算と合意の報酬として仮想通貨を得ます。

合意の計算が速い者がマイナーになれるため、皆が処理能力が高いコンピューターを使い始めます。

その結果、消費電力が大きくなるため、PoWは環境に悪いと指摘されています。

PoS

Proof of Stakeの略です。

PoWの消費電力が大きい問題を解決するために開発されたコンセンサスアルゴリズムです。

マイナーの役割を通貨の保有量と保有期間が長い人にすることにより、処理能力の高いコンピューターを必要としない仕組みにしています。

環境問題は解決していますが、保有量が大きい人(金持ち)が優位に立ちやすいため、公平性に欠けることがデメリットです。

米大手投資企業が100億円相当のイーサリアムを購入

アメリカの大手仮想通貨投資企業のGalaxy Digitalが、運用する投資家向けのイーサリアムのファンドで、100億円相当のイーサリアムを購入しました。

2022年9月19日の大型アップグレードを見越しての購入とのことです。

このように高額購入の動きがあるため、イーサリアムの価格が今後上がる可能性は十分にありえます。

専門家によるイーサリアム(ETH)の今後の価格予想

イーサリアムの今後

金融機関JPモルガン・チェースによる価格予想

アメリカ金融機関のJPモルガン・チェースは、シカゴ・マーカンタイル取引所の仮想通貨の先物取引の購入状況を分析しました。

分析した結果は、ビットコインより需要があるというものでした。

ビットコインの先物価格と現物価格の差は、マイナスへ下落すると予想しています。

ビットコインの予想に対し、イーサリアムはプラスに広がると予想しています。

この予想から、イーサリアムが需要があるという結論を出しています。

米ファインダー社による価格予想

アメリカのファインダー社が専門家42名を対象に行った調査によると、イーサリアムの価格の平均は以下のようになりました。

価格の平均予想額
  • 2025年:約1.8万ドル
  • 2030年:約7.2万ドル

Trade the Chain共同創設者のRyan Gorman氏は、2030年までに10万ドル以上になると予想しています。

予想の理由は「DeFiをはじめイーサリアムのネットワーク上に構築されているアプリケーションの多くが急速な成長が見込まれることから、世界で一番価値のある仮想通貨になることは間違いないだろう」ということでした。

また、西オーストラリア大学准教授のLee Smales氏は「イーサリアムの方がビットコインより利便性が高い」と評価し、ビットコインより優れた存在となるだろうとも述べてました。

このように多くの専門家が、イーサリアム2.0のアップグレード後にイーサリアムの価格が上昇すると予想しています。

英紙のインディペンデントによる価格予想

イギリスの新聞社のインディペンデントは35名の学者やアナリストにイーサリアムを対象とした調査内容を2021年5月12日に発表しました。

調査結果は、以下のようになりました。

価格の平均予想額
  • 2021年:約4,500ドル
  • 2025年:約1.9万ドル

ノッティンガムトレント大学准教授のJeremy Cheah氏は、「イーサリアムの開発が進みDeFiの需要がさらに広がれば価値も上がるだろう」と今後の大型アップデートに期待した意見を言っています。

さらにイーストロンドン大学上級講師のIwa Salami氏は、「DeFi市場の拡大に向けた開発は有望である」とDeFiを高く評価しています。

インディペンデントの価格予想でもイーサリアムの価格は上昇すると予想されました。

イーサリアム(ETH)購入タイミング

イーサリアムの今後

ネットワークやDappsの大型アップデートの情報が出た時

今回の「The Merge」のようなイーサリアムのネットワークの大型アップグレードや、企業やプロジェクトによるDappsのアップデートのニュースが出た場合は、価格が上昇する可能性があります。

ニュースが出た直後に急騰した場合は、価格が安定するまで様子を見ることも1つの手です。

しかし、最新ニュースや価格予想で話した通り、2030年くらいまでは価格が上昇することが予想されています。

さらなる高騰を期待してニュースが出たタイミングで購入するのもよいでしょう。

暴落後に価格の上昇傾向が見えた時

2022年上半期で仮想通貨市場全体が暴落しました。

暴落が落ち着き価格の上昇傾向が見える場合は、買い時と言えます。

価格が高騰する前に購入しておくのもよいでしょう。

長期的な投資目的であればいつでも購入してよい

イーサリアムは、長期的な投資を目的としているのであれば、いつでも購入してよいと言えます。

理由は、価格予想にもある通り、2030年までに大幅に価格が上昇すると予測されているからです。

マイニングの仕組みも変わるため、取引の承認による報酬を得たい方は今のうちにイーサリアムを購入することをおすすめします。

イーサリアム(ETH)とは

eth-2022-what-is

名称 イーサリアム(Ethereum)
通貨 イーサ(ETH)
開発者 Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)
公開日 2014年7月
承認方式 PoW(PoS移行予定)
発行上限 上限なし
ブロック生成時間 約15秒
公式サイト https://www.ethereum.org/

イーサリアムのポテンシャルはビットコイン以上だと言われています。

その理由はイーサリアムの確固たる実用性や将来性。

仮想通貨イーサリアムは分散型アプリケーションのプラットフォームとして開発され、スマートコントラクトと呼ばれる技術が備えられているのです。

プラットフォーム上で使用される通貨は正しくはイーサ(ETH)ですが、世間的にはイーサリアムと呼ばれています。

このイーサリアムを創設した人物はヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏で、2013年の当時19歳だった頃にイーサリアムの構想を提唱したと言われています。

そして、イーサリアムは2014年に販売が開始され、2015年には日本の仮想通貨取引所でも取引が行われました。

イーサリアムの取引の承認方式はビットコインで採用されているPoW(Proof of Work)ではなく、PoS(Proof of Stake)と呼ばれる承認方式を採用。

PoWは厳重なセキュリティシステムがありますが、51%攻撃と呼ばれる不正取引のリスクがあり、設備投資で多額の費用と時間を必要とします。

一方、イーサリアムで採用しているPoSは仮想通貨の保有量が多い参加者ほどブロック承認に有利になるため、PoWのように膨大な計算作業を必要とするマイニングを必要とせずコスト削減にも繋がります。

ビットコインの上限枚数は2100万枚とされていますが、イーサリアムの発行枚数は上限なしとなっています。

上限がないというのは発行枚数が「無限」というわけではなく、まだ決まっていないということです。

また、ビットコインのブロックの生成時間が約10分間とされているのに対して、イーサリアムのブロック生成時間は約15秒とされているため、決済処理の時間が短く手数料も安いためマイクロペイメント(少額決済)に向いています。

イーサリアム(ETH)と他のコインとの違い

eth-2022-differance

時価総額一位であるビットコインとイーサリアムとの違いについて説明します。

ビットコイン イーサリアム
役割 決済手段 プラットフォーム
スマートコントラクト なし あり
開発者 サトシナカモト ヴィタリック・ブリテン
開発 2009年1月 2014年7月
承認方式 PoW PoWからPoS移行予定
発行上限枚数 2100万BTC なし
ブロック生成速度 約10分 約12秒

イーサリアムとビットコインはそれぞれの持つ役割が異なります。

イーサリアムがアプリケーションを開発するための「プラットフォーム」として開発されたのに対して、ビットコインは世界中で利用可能な「決済手段」として開発されています。

また、イーサリアムにはスマートコントラクトと呼ばれる契約を自動で執行できる技術が備わっていますがビットコインにそのような技術は備わっていません。

表の発行上限枚数やブロック生成速度からも分かるように、同じ仮想通貨でも全く異なる特徴と機能を持ちわせています。

ブロックの承認方式については現在はビットコインと同様ですが、今後イーサリアムはPoWからPoSに変わり、スケーラビリティ問題への対策が実施される見込みです。

スマートコントラクトとは

eth-2022-smartcontract

イーサリアムのスマートコントラクト(Smart Contract)とは、契約の際に第三者を仲介に挟まずにインターネット上で自動的に契約を執行することができる技術です。

従来のシステムは互いに信用するために「保証」を必要としていたので、売買を行う際には消費者と販売者の間には仲介業者が入り、書面で契約手続きを行う流れが主流でした。

しかし、ブロックチェーンのスマートコントラクトのを使用することで「仲介を必要としない契約」が実現できるようになり自動的に契約を行えるようになりました。

また、従来のシステムはセキュリティ面においても仲介事業者が個人情報や契約情報を管理するため、不透明性が高く情報管理の面で不安が残ります。

しかし、ブロックチェーンで実行された取引記録は誰もが閲覧可能になるため改ざんなどをされるリスクも低くなります。

このように、スマートコントラクトを利用することで仲介による無駄な手間やコスト、不正に巻き込まれるリスクを避けることができます。

実はこのスマートコントラクトの構想はビットコインが誕生する前から建てられているもので、1994年にNickSzabo(ニック・スザボ)氏によって提唱されています。

NickSzabo氏はすでに日常に溶け込んでいるスマートコントラクトとして「自動販売機」を例に挙げています。

自動販売機を購入する際は「商品を選択」→「お金を入れる」→「商品を受け取る」→「お釣りがあれば受け取り」までのプロセスを自動的に行うことが可能です。

これは自動販売機がある特定の条件を満たせばプログラムが自動で実行されるように設定されているためです。

そのため、消費者と販売者がわざわざ仲介に入らなくても売買を自動で行うことができます。

ブロックチェーンの仕組みも自動販売機の仕組みと同様で、あらかじめ条件を決めておけば自動で取引することが可能です。

イーサリアムのdAppsとは

eth-2022-dapps

dAppsとはネットワークの中央に管理者を必要としない分散型アプリケーションのことです。

例えば、dAppsゲームで有名なCryptoKittiesなどがあります。

これらのアプリケーションはイーサリアムのプラットフォーム上で利用されますので、運営会社を必要とせず仲介手数料などで無駄なコストがかかることもありません。

また、運営会社のセキュリティ管理に依存せずブロックチェーンの強いセキュリティシステムで管理することができます。

そのほか、dAppsには仮想通貨の売買に仲介事業者を必要としない分散型取引所(DEX)と呼ばれるものがあります。

近年、取引所の仮想通貨流出事件が注目を浴びた影響で分散型取引所にも関心が集まっています。

ERC20のトークンとは

eth-2022-ecr20

イーサリアムのトークンERC20について詳しく解説します。

ERC20とは

ERC(Ethereum Request for Comments)とはイーサリアムのプラットフォーム上で新たに発行されるトークンの規定を定めたもので、ERC規格には「ERC20」「ERC223」「ERC721」などの規格が存在します。

ERC20トークンとはイーサリアムのプラットフォーム上で扱われることを想定しERC20規格に沿って開発されたトークンです。

ERC20が開発された理由

ERC20規格が誕生した理由はトークンの発行における開発基準を統一するためです。

実はERC20規格が開発される以前はそれぞれ異なるプログラミング言語やアルゴリズムでトークンが開発されていたため、トークンを保管するウォレットの開発が非効率であったり、トークンの一括管理ができないなどの問題がありました。

また、トークンの発行基準が定まっていなかったためICOに参加している投資家からは「きちんと機能するのか」「トークンは安全なのか」などの不安の声も上がっていました。

そこで、これらの問題を解決するために定められた規格がERC20です。

ERC20を取り入れたことでトークンの取り扱いが便利になり、取引所へ上場するための審査や投資家からの資金調達もしやすくなりました。

ERC20がICOに用いられる

このERC20トークンは、詳しい知識がなくても誰でも簡単にトークンの作成を行うことが可能です。

そのため仮想通貨を使った資金調達を行う、ICO(トークンセール)で多く用いられ、様々なICOが行われています。

しかしその手軽さを利用して、詐欺の手法として使われることもしばしばです。

ERC20の問題点

ERC20にはERC20トークンを送金する際に相手のアドレスではなくコントラクトのアドレスに誤って送金してしまうとそのトークンを取り戻すことができないという問題があります。

上記のように、ERC20トークンの誤送金問題は過去に発生しており、数百万ドルを超える資金が紛失しています。

このようなERC20の問題を解決するために開発された規格がERC223です。

ERC223を利用すれば、コントラクトアドレスに誤送金してしまっても元のアドレスに返還される仕様になっているため大切な資金を失う心配がありません。

イーサリアム(ETH)の今後の問題点

eth-2022-problem

イーサリアム(ETH)には問題点もまだ抱えている現状があります。

そちらを見てみましょう。

スケーラビリティの問題

スケーラビリティ問題はビットコインでも問題になっていますが、イーサリアムでもサービスが普及し取引量が増大すれば取引処理が間に合わなくなる可能性が懸念されます。

しかし、イーサリアムではセレニティのアップデート後にはブロックの承認速度が1000倍ほど向上すると言われているため解決される可能性もあります。

ICO規制の問題

近年、ICOでは規制の動きが強まっています。表向きはICOでの資金調達を発表していても本当の目的は仮想通貨の詐欺で調達後に全く開発を行わなくなるようなケースも発生しています。

もしICOが全面的に禁止されればイーサリアムの利用が制限され、価格が下落する可能性があります。

セキュリティーの問題

イーサリアムは過去に外部からハッキングを受けており、イーサリアムのプラットフォームを利用した「THE DAO」というプロジェクトで総額約43億円の流出、イーサリアム専用のウォレットとして知られる「MyEtherWallet」で約15万ドルの資金を流出させています。

このハッキング事件でユーザーからはイーサリアムのセキュリティに不信感の残る結果となりました。

イーサリアム(ETH)を購入するならここ!おすすめの取引所

イーサリアムの今後

イーサリアムは、以下の3つの取引所での購入をおすすめします。

おすすめの取引所
  • Bybit(バイビット)
  • Binance(バイナンス)
  • MEXC(MXC)

Bybit(バイビット)

イーサリアムの今後

取扱通貨数 150種類以上
レバレッジ 最大100倍
手数料 取引手数料:0.1%
追証 なし
日本語対応
スマホ対応
信頼度 ★★★★★

バイビットは、シンガポール拠点の取引所です。

レバレッジも最大100倍かけることができ、サポートも日本語に対応しています。

オフラインで資産を管理しているため、ハッキングなどにより資産の消失する恐れが低いです。

入出金を行うためには、複数の承認工程があります。

承認の工程が複数のため、不正による資産消失のリスクが低くセキュリティ対策がしっかりしています。

Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

Binance(バイナンス)

イーサリアムの今後

取扱通貨数 370種類以上
レバレッジ 最大125倍
手数料 取引手数料:0.1%(独自のトークンによる割引あり)
追証 なし
日本語対応
スマホ対応
信頼度 ★★★★★

バイナンスは、ユーザー登録数と取引量が世界一の取引所です。

アルトコインの取り扱いが豊富で、手数料が安いところが特徴です。

バイナンスは、過去ハッキングの経験があります。

ハッキングされましたが、翌日に資産を全て補填し解決に導きました。

ハッキングの経験により、現在は高いセキュリティを誇っています。

出金や取引を行うために個人認証を行う必要があるため、バイナンスを利用する際に注意が必要です。

BINANCE

\BINANCE公式サイトはこちら/

MEXC(MXC)

イーサリアムの今後

取扱通貨数 1,100種類以上
レバレッジ 最大125倍
手数料 取引手数料:0.2%(独自のトークンによる割引あり)
追証 なし
日本語対応
スマホ対応
信頼度 ★★★★★

MEXCは、2018年にシンガポールにて設立された取引所です。

設立後すぐにグローバル展開をし、2022年現在、世界で170カ国まで広がっています。

利用ユーザー数は、500万人以上です。

1日に20億ドル以上の取引が行われています。

特徴は通貨の取り扱いが1,100種類と豊富で、レバレッジが最大125倍かけられる点です。

また、取引に関するサービスも充実しているため、自分に合った稼ぎ方ができます。

MEXCバナー

\MEXC公式サイトはこちら/

イーサリアム(ETH)の今後まとめ

イーサリアムの今後

この記事の概要
  • イーサリアムの現在の価格は下落後に安定している
  • AIはイーサリアムが今後上昇すると予想している
  • イーサリアムのネットワークが大型アップグレードされる
  • 専門家もイーサリアムが今後上昇すると予想している
Bybit

\Bybit公式サイトはこちら/

イーサリアムは、仮想通貨市場全体の暴落後に安定しています。

安定している理由として、イーサリアムのネットワークの大型アップグレードに期待し、高額投資が増えているからです。

AIや専門家も、イーサリアムの価格は今後も伸び続けると予想しています。

イーサリアムは高騰する可能性が十分にあります。

今後の高騰のために仮想通貨の取引所の口座開設やイーサリアムの購入を進めるのもよいでしょう。

bfポップアップ