XMの使い方完全ガイド【初心者にも分かりやすく解説】

XMの使い方|パソコン・スマホ・アプリ全て解説!

投資家Aさん

XMの使い方がイマイチわからない……

投資家Bさん

XMのパソコン、スマホの操作方法をわかりやすく教えてほしい!

FX業者を利用する場合、「小難しい登録手続きが多い」「注文方法がよくわからない」と途中で行き詰まってしまうことも多いですよね。

これからXMの利用する方の中には、FX自体に慣れておらず、口座開設方法やその他の手続きで困っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、XMの使い方を知りたい方のために「口座開設・入金方法の流れ」や「注文方法・決済方法」「をご紹介します。

わかりやすく画像付きで解説しているので、文章で理解するのが苦手な方もぜひ最後までご覧ください。

本サイトでは『XM(XMTrading)の評判・リアルな口コミ』も紹介しています。XMの安全性やトレーダーからの評価を知りたいという人は、ぜひご覧ください。

この記事のまとめ
  • XMの口座開設は5分〜10分程度で完了できる!
  • XMのレバレッジ1,000倍で取引したい方は、投資額の項目で「0-20,000」と入力しよう!
  • XMの入金手続きは1時間以内に完了するから、スムーズに取引に移れる!
  • XMでは「PC・スマホ・タブレット」と各端末でMT4やMT5が利用可能!
  • XMのスマホアプリを使えば、外出先でも分析ツールを駆使して取引できる!
\ 海外FX最大手で安心 /XMTradingで口座を開設するXMTrading公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

XMの使い方【口座開設編】

XMの使い方【口座開設編】

XMの口座開設方法について解説します。

STEP.1
XM公式サイトにアクセスする

XM 公式サイト

まずはXM公式サイトに飛び、「口座を開設する」のボタンをクリックしましょう。

STEP.2
個人情報を入力する

xm 個人情報

次に個人情報を入力しましょう。

個人情報の記入例は、以下の通りです。

入力項目 記入例
①下のお名前 Taro(ローマ字で記入)
②姓 Yamada(ローマ字で記入)
③希望言語 日本語(読みやすい言語を選択)
④Eメール kaigaifxdaigaku@gmail.com
(普段使用しているアドレスを記入)
⑤居住国 日本(現在住んでいる国を選択)
⑥コード&電話 コード:+81(日本の場合)
電話番号:90 1111 2222(最初の0を抜く)

投資家Aさん

ミドルネームは入力しなくていいの?

ミドルネームは必須欄ではないので入力不要です。

ミドルネームを持っていない方は入力を無視して次に進みましょう。

STEP.3
取引口座の詳細を選択する

XM 取引口座の詳細

続いて、取引口座の詳細を選択しましょう。

各項目の選択肢は、以下の通りです。

項目 選択肢
①組織名 ・Tradexfin Limited – FSA SD010によって規制
・Fintrade Limited – FSC GB20025835によって規制
②取引プラットフォームタイプ ・MT5
・MT4
③口座タイプ ・スタンダード(1ロット100,000)
・マイクロ(1ロット1,000)
・ゼロ(1ロット100,000)
・KIWAMI極(1ロット100,000)

投資家Aさん

どれを選んだら良いの?

初めてXMを利用する場合、「Tradexfin Limited」「MT5」「スタンダード」を選択しましょう。

組織名はどちらでもサービス内容は同じなので、最初に表示されている方を選んで問題ありません。
取引ツールは、最新スペックで処理速度の速いMT5を選ぶのがおすすめです。

また、口座タイプは「スタンダード」が最もベーシックな仕様なので、初心者の方におすすめです。
別の口座を使いたくなった場合、あとで新しく口座開設できるので気軽に選んでみてください。

一通りの選択が終わったら、ニュースレターのチェックボックスをクリックし、ステップ2へ進みます。

STEP.4
生年月日を入力する

XM 生年月日

ここで名前(全角カナ)と生年月日を入力します。

項目 記入例
①下のお名前 タロー(全角カナで記入)
②姓 ヤマダ(全角カナで記入)
③生年月日 1993-04-01(年・月・日の順にタブから選択)

入力が終わったら次に進みましょう。

STEP.5
住所の詳細を入力する

XM 住所詳細

次に住所情報を入力します。

各項目についての説明は、以下の通りです。

項目 説明
①都道府県・市 「市→都道府県」の順に記入(ローマ字)
②番地・部屋番号 「建物名・部屋番号→番地」の順に記入(ローマ字)
③区町村・町名 区町村を記入(ローマ字)
④郵便番号 郵便番号を入れる(ハイフンは不要)
⑤ 納税義務のある米国市民ですか? 米国市民でない→いいえ
米国市民で納税義務がある→はい

英語で住所を記載する場合、日本語とは”書く順番”が異なるので注意してください。

投資家Aさん

住所を英語で書くのって難しいなぁ……

住所の記載方法で困った方は、以下を参考にしてみてください。

STEP.6
口座情報を選択する

XM 口座詳細

続いて、取引口座の詳細を選択します。

各項目の選択肢は、以下の通りです。

項目 選択肢
①口座の基本通貨 ・EUR(ユーロ)
・USD(ドル)
・JPY(日本円)
②レバレッジ 1倍〜1,000倍(17つの中から選択)
③口座ボーナス ・はい
・いいえ

投資家Aさん

基本通貨はどれにしたら良いんだろう?

日本国内に住んでいる場合、基本通貨は「日本円」を選択しましょう。
他の通貨を選んだ場合、為替レートの影響で損してしまうかもしれません。

また、レバレッジ倍率で迷った方は、とりあえず1,000倍にしておくのがおすすめです。
ハイレバレッジであれば少ない資金でも大口取引が可能です。

プロトレーダー

口座ボーナスは貰っておいて損はないので、「はい」を選択しておきましょう。
メモ
ボーナスとは「無料で使える取引枠」のことです。例えば、ボーナス1万円があれば自己資金1万円と同じように取引できます。FX会社は取引を促すためにボーナスを配布しています。
STEP.7
投資家情報を選択する

XM 投資家情報

投資家情報を選択しましょう。

各項目の選択肢は、以下の通りです。

項目 選択肢
①投資額(USD) 数字の中から投資額を選択
②取引の目的および性質 ・投機
・ヘッジング
・投資
・リスク管理
・分散
③雇用形態 ・被雇用者
・自営業
・学生
・退職者
・無職
④年間所得総額(USD) 数字の中から年間所得総額を選択
⑤純資産(USD) 数字の中から純資産額を選択

投資額は「0-20,000」を選択するのがおすすめです(最大レバレッジ1,000倍を適用可能)。

投資額で2万ドル以上を選んだ場合、レバレッジが1,000倍未満に制限される可能性があります。

FX会社は投資額が増えるとレバレッジを引き下げる傾向にあるので、ハイレバレッジで取引したい方は投資額を低めに設定しておきましょう。

プロトレーダー

「年間所得総額」「純資産」の部分は、基本的にどの金額にしてもレバレッジや口座開設に悪影響はありません。
STEP.8
口座パスワードを入力する

xm 口座パスワード

続いて、口座パスワードを設定します。
ここで設定したパスワードはログイン時に必要になるので、忘れないようにメモしておきましょう。

パスワードとして必要な条件は、以下の通りです。

  • アルファベットにする
  • 10文字〜15文字以内にする
  • 少なくとも1つの大文字を入れる
  • 少なくとも1つの小文字を入れる
  • 少なくとも1つの数字を入れる
  • 使用可能な特殊文字:# [ ] ( ) @ $ & * ! ? | , . ^ / \ + _ –

パスワードを入力し終わったら、利用規約に同意して「リアル口座開設」のボタンを押しましょう。

STEP.9
Eメール認証を行う

XM Eメール認証

最後に”Eメール認証”を行いましょう。
登録メールアドレス宛に「XMTradingへようこそ」という件名のメールが届きます。

メール本文にある赤いボタンを押すと、Eメール認証が完了します。

プロトレーダー

認証リンクは”24時間のみ有効”となっているので、口座開設フォーム送信後はすぐにEメール認証を行いましょう。

Eメール認証が完了し、以下の画面に切り替わったら口座開設完了です。

XM 口座開設完了

以上がXMの口座開設ステップです。

XMの使い方【入金方法編】

XMの使い方【入金方法編】
XMの入金方法について解説します。

STEP.1
会員ページにログインする

XM ログイン

まずはXMの会員ページにログインしましょう。

各項目の説明は、以下の通りです。

項目 説明
①ログイン 口座開設時のメールに記載してある「ID」を入力
②パスワード 口座開設時に設定した「パスワード」を入力
メモ
パスワードを忘れてしまった場合、運営サポート(support@xmtrading.com)に連絡すると再設定方法を教えてもらえます。
STEP.2
入金タブを開く

XM 入金タブ

上部のメニューバーに「入金」のタブがあるので、そちらをクリックします。

STEP.3
入金方法を選択する

XM 入金方法

上記の中から、利用する入金方法を選択しましょう。

投資家Aさん

入金手数料はどれくらい?

各入金方法の「手数料」と「反映時間」は、以下の通りです。

入金方法 入金手数料 反映時間
銀行送金・銀行振込 1万円以上:無料
1万円未満:980円(決済代行会社によっては1,500円)
30分~1時間以内
コンビニ払い 5万円未満:300円 即時反映
クレジットカード・デビットカード 無料 即時反映
Bitwallet 無料 即時反映
SticPay 無料 即時反映
BXONE 無料 即時反映

今回はクレジットカードでの入金を例に解説していきます。

STEP.4
入金額を入力

XM 入金額

入金画面が表示されたら、入金額を記入しましょう。

数字に間違いがないことを確認し、入金ボタンをクリックします。

STEP.5
入金額を確定する

XM 入金確定

入金ボタンを押すと、確認画面が表示されます。

数字に問題がなければ確定ボタンを押してください。

STEP.5
カード情報を入力する

XM カード情報入力

入金額確定後、カード情報の入力画面が表示されます。

入金に使用するカード情報を順番に入力していき、最後に「決済する」のボタンを押しましょう。

プロトレーダー

これで入金完了です!1時間以内には反映されるので、ほとんど待ち時間はありません。

以上がXMの入金方法の流れです。

XMの使い方【MT4/MT5のインストールとログイン方法編】

XMの使い方【MT4/MT5のインストールとログイン方法編】

XMのMT4/MT5のインストールとログイン方法を解説します。

STEP.1
XM公式サイトの「プラットフォーム」タブを開く

XM プラットフォーム

まずは、XM公式サイトを開いて「プラットフォーム」のタブをクリックしましょう。

STEP.2
プラットフォームを選択する

XM プラットフォーム 選択

プラットフォームのタブを押すと、端末ごとにツールのダウンロード先が表示されます。

ご自身が使用する端末に合わせてダウンロード先をクリックしましょう。

プロトレーダー

今回はMacBookでMT5をダウンロードする場合を例に解説していきます。
STEP.3
取引ツールをダウンロードする

XM ダウンロード

続いて、ダウンロード画面が表示されるので、ダウンロードボタンを押しましょう。

STEP.4
ファイルを展開する

xm ファイル展開

ダウンロードを押すと「XMtrading.dmg」がダウンロードされるので、ファイルをクリックして展開しましょう。

STEP.5
ファイルをフォルダへとドラッグする

MT5 ドラッグ

ファイルが展開されると、上の画面が表示されます。

「MT5のファイル」から「アプリケーションフォルダ」にドラッグしましょう。

STEP.6
フォルダからMT5を開く

MT5 開く

MT5が移動できたら、アプリケーションフォルダにあるMT5を開きます。

MT5 開くボタン

注意点
MacBookの設定によっては、MT5をダブルクリックすると『開発元が未確認のため開けません』と表示されて開けないことがあります。その場合、MT5を一度右クリックし、メニューバーから「開く」を押しましょう。
STEP.7
MT5にログインする

MT5 ログイン

MT5が起動できたらログイン作業を行います。

メニューバーのファイルタブを開き、「取引口座にログイン」を押しましょう。

STEP.8
ログイン情報を入力する

MT5 ログイン情報入力

ログイン画面が表示されたら、「ログインID・パスワード・サーバー名」を入力します。

投資家Aさん

サーバー名は何を入力すれば良いの?

サーバー名は、口座開設時に送られてきた自動返信メールに記載されています。

サーバー名 確認

サーバー名を忘れてしまった方はメールボックスから確認しましょう。

ログインに成功すれば、MT5画面の右下に「緑のアイコン」が表示されます。

MT5 ログイン成功

以上がMT5のインストールからログインまでのステップです。

XMの使い方【注文方法編】

XMの使い方【注文方法編】

XMの注文方法について解説します。

注文方法は大きく分けて以下の2パターンです。

XMの使い方【注文方法】

他にも注文方法はありますが、初心者が覚えておくべき注文方法は上記の2つです。

今回は、MT5で決済する場合を例に解説していきます。

プロトレーダー

MT4もMT5も注文ステップはほぼ同じなので、MT4を利用の方もぜひ続きを読み進めてみてください。

 XMのMT4/MT5で成行注文をする方法と流れ

XMのMT5で成行注文する方法を解説します。

STEP.1
ツールバーから新規注文をクリックする

ツールバーから新規注文

まずは、MT5を開いてツールバーにある「新規注文」をクリックしましょう。

STEP.2
オーダー画面に必要情報を入力する

MT5 オーダー画面

新規注文を押すと、注文用の「オーダー画面」が表示されます。

各項目の説明は、以下の通りです。

項目 説明
①銘柄 取引銘柄を選択する
②タイプ 成行注文を選択する
③数量 ロット数を入力する
④Stop Loss 決済の逆指値(損切りライン)を指定する
(必要な場合のみ入力)
⑤Take Profit 決済の指値(利益ライン)を指定する
(必要な場合のみ入力)
⑥Sell 売り注文の確定ボタン
(クリックすると注文完了します)
⑦Buy 買い注文の確定ボタン
(クリックすると注文完了します)

各項目を入力できたら、「Sell」もしくは「Buy」のボタンを押して注文を完了させます。

STEP.3
注文完了画面が表示される

MT5 成行注文完了

注文が完了すると、上の画面が表示されます。

以上が成行注文の流れです。

 XMのMT4/MT5で指値・逆指値の注文方法

続いて、XMのMT5で成行注文する方法を解説します。

プロトレーダー

最初のステップは成行注文と同じです。
STEP.1
ツールバーから新規注文をクリックする

ツールバーから新規注文

成行注文の時と同様、MT5を開いてツールバーにある「新規注文」をクリックしましょう。

STEP.2
オーダー画面で必要情報を入力する

MT5 指値・逆指値注文

新規注文を押すと、注文用の「オーダー画面」が表示されます。

各項目の説明は、以下の通りです。

項目 説明
①銘柄 取引銘柄を選択する
②タイプ 指値注文を選択する
③タイプ Buy Limit:指値買い
Sell Limit:指値売り
Buy Stop:逆指値買い
Sell Stop:逆指値売り
Buy Stop Limit:売りのストップリミット注文
Sell Stop Limit:買いのストップリミット注文
(上記の中から希望する注文タイプを選択)
④数量 ロット数を入力する
⑤価格 エントリーする価格を入力する
⑥Stop Loss 決済の逆指値(損切りライン)を指定する
(必要な場合のみ入力)
⑦Take Profit 決済の指値(利益ライン)を指定する
(必要な場合のみ入力)
⑧期限 注文の有効期限を指定する
(指定しない場合、無期限となります)
⑨注文 注文の確定ボタン
(クリックすると注文完了します)

各項目を入力できたら、注文ボタンを押して注文を完了させます。

STEP.3
注文完了画面が表示される

MT5 指値注文完了

注文が完了すると、上の画面が表示されます。

以上が指値・逆指値注文の流れです。

XMの使い方【決済方法編】

XMの使い方【決済方法編】

XMの決済方法について解説します。

決済方法は注文方法と比べると簡単で、全体的な流れは以下の通りです。

STEP.1
画面の下にある取引タブを開く

MT5 取引タブ

まずは取引画面の下にある取引タブを開きましょう。

プロトレーダー

取引タブは、初期状態で開いていることが多いです。
STEP.2
ポジション上で右クリックする

MT5 決済ボタン

取引画面の下には、現在保有しているポジションが表示されています。
そこから決済するポジションを選び、右クリックしましょう。

すると縦長のメニューが表示されるので、その中にある「決済」をクリックします。

STEP.3
表示画面で決済ボタンを押す

MT5 決済ボタン

決済画面が表示されるので、決済ボタンを押しましょう。

この時、誤って「Sell」「Buy」ボタンを押すと注文が入ってしまうので注意してください。

STEP.4
決済完了画面が表示される

MT5 決済完了

決済ボタンを押して決済が完了すると、上の画面が表示されます。

以上が決済方法の流れです。

XMの使い方【MT4/MT5の見方編】

XMの使い方【MT4/MT5の見方編】

XMのMT4/MT5の見方について解説します。

解説するポイントは、以下の4つです。

今回はMT5を例に解説しますが、MT4も基本的な画面の表示はほぼ同じです。

異なるのは「処理スピード」「ツールの種類」といったスペックの部分になるので、MT4の見方が気になる方もぜひ続きをご覧ください。

 XMでの気配値画面の見方・使い方

気配値画面の表示方法は、以下の通りです。

mt5 気配値表示

メニューバーの表示タブを開き、「気配値表示」をクリックすると表示されます。

mt5 気配値

気配値画面の使い方として、以下の2つが挙げられます。

  • 通貨ペアの「おおよその価格」を把握する
  • 右クリックして新規注文する

気配値画面は数字だけなので細かい分析はできませんが、複数の通貨の価格をまとめて確認するのには最適です。

 XMでのチャートの見方・使い方

チャート画面の表示方法は、以下の通りです。

MT5 チャート画面

メニューバーのファイルタブを開き、「新規チャート」にカーソルを合わせましょう。
その後表示される通貨ペアから好きなものを選びクリックすると、チャート画面が表示されます。

また、以下のコマンドからチャートの基本操作が可能です。

MT5 チャート基本操作

「チャートの表示設定を変えたい」「分析ツールを使いたい」と思ったら上記のコマンドを使いましょう。

 XMでのナビゲーターの使い方

ナビゲーターの表示方法は、以下の通りです。

MT5 ナビゲーター 表示

メニューバーの表示タブを開き、「ナビゲータ」をクリックすると表示されます。

MT5 ナビゲーター

ナビゲーターでは、以下の操作が可能です。

  • 口座の切り替え
  • インジケーターの設定
  • EA(自動売買ツール)の設定

「リアル口座からデモ口座に切り替えたい」「自作のEAのセッティングをしたい」と思ったらナビゲーターを利用しましょう。

 XMでのターミナルの使い方

ナビゲーターの表示方法は、以下の通りです。

MT5 ターミナル

メニューバーの表示タブを開き、「ツールボックス」をクリックすると表示されます。

プロトレーダー

MT4で「ターミナル」と表示されていたのが、MT5では「ツールボックス」と表示されています。名称は異なりますが、機能や見方はほぼ同じです。

MT5 ターミナル表示

ターミナルでは、以下の情報を確認できます。

取引 ポジションを管理できる(注文、決済・変更など)
運用比率 保有ポジションの運用比率を確認できる
操作履歴 MT4で操作した履歴を確認できる
ニュース FX業者が配信しているニュースを閲覧できる
受信トレイ FX業者から届くお知らせを確認できる
指標カレンダー 経済指標の予定を確認できる
アラート アラートの「作成、修正、削除」ができる
記事 取引に役立つ記事を閲覧できる
ライブラリー 「インジケーター、EA、スクリプト」などをダウンロードできる
エキスパート EAプログラムの履歴をチェックできる
 操作ログ MT5の操作履歴をチェックできる

ターミナルではさまざまな情報が確認できるので、時間のある時に各タブを開いて内容をチェックしてみてください。

XMの使い方【スマホアプリ編】

XMの使い方【スマホアプリ編】

XMのスマホアプリの使い方について解説します。

解説するポイントは、以下の4つです。

スマホアプリを使った取引は非常に便利です。
PCとは違って外出先でも気軽に取引でき、エントリーチャンスがグッと広がります。

スマホ取引が未経験の方も、これを機にトライしてみてください。

 XMのスマホアプリをダウンロードしてログインするまでの流れ

XMのスマホアプリをダウンロードしてログインするまでの流れを解説します。

iPhoneは「App Store」、Andoroidは「Google Play」と使用端末によってダウンロード先は異なりますが、大まかな流れはどちらも同じです。

今回はApp Storeの場合を例に解説していきます。

STEP.1
App Store(Google Play)の検索バーに「XM」と入力する

App Store 検索

App Storeの検索バーに「XM」と入力すると、XMアプリが表示されます。
『XM Trading』の横にある「入手」をタッチしましょう。

プロトレーダー

ここでパスワードの入力が求められるので、各々の設定しているパスワードを入力します。
STEP.2
XMアプリの「開く」をタッチする

XMアプリ 開く

XMアプリのダウンロードが完了すると、「開く」のボタンが表示されるのでタッチしてください。

STEP.3
ログイン画面で必要情報を入力する

XMアプリ ログイン

XMアプリを開くとログイン画面が表示されるので、必要情報を入力しましょう。

各項目の説明は、以下の通りです。

項目 説明
①MT4/MT5 ID XM口座開設時に受け取ったIDを入力する
②パスワード XM口座開設時に設定したパスワードを入力する
③保存 次回以降パスワードの入力を省略したい場合、チェックを入れる
④Touch ID 次回以降Touch ID(指紋認証)でログインしたい場合、チェックを入れる

以上がXMアプリにログインするまでの流れです。

 XMのスマホアプリにインジケーターを表示する方法

XMのスマホアプリにインジケーターを表示する方法を解説します。

STEP.1
XMアプリにログイン後、「気配値」をタッチする

XMアプリ 気配値

XMアプリにログイン後、下部にある「気配値」をタッチしましょう。

STEP.2
取引したい通貨ペアを選択する

XMアプリ 通貨ペア 選択

ホーム画面から気配値画面に切り替わると、銘柄の一覧が表示されます。

取引したい通貨ペアをタッチしましょう。

STEP.3
スマホを横表示にする

XMアプリ 横表示

チャート画面が表示されたら、スマホを横に持ち替えて”横表示”にします。

注意点
スマホに表示ロックがかかっている場合、横に持ち替えても横表示になりません。縦に固定されている場合、まずはスマホの設定から表示ロックを解除しましょう。
STEP.4
左側にある「f」マークをタッチする

XMアプリ fマーク

スマホが横表示に切り替わったら、左側にある「f」マークをタッチします。

STEP.5
表示したいインジケーターをタッチする

XMアプリ インジケーター表示

「f」マークをタッチするとインジケーターの一覧が表示されます。

表示したいインジケーターをタッチすれば、インジケーター表示完了です。

以上がXMアプリでインジケーターを表示する流れです。

 XMのスマホアプリで注文する方法と流れ

XMのスマホアプリで注文する方法を解説します。

STEP.1
XMアプリで気配値画面を開く

XMアプリ 気配値画面 プラス

まずはXMアプリを開き、気配値画面の右下にあるプラスボタンを押します。

STEP.2
注文タイプを選択する

XMアプリ 注文タイプ

プラスボタンを押すと、注文タイプの選択画面が表示されます。

「新規成行注文」「新規予約注文」の2種類があるので、希望する注文タイプを選びましょう。

プロトレーダー

今回は成行注文する場合を例に解説を進めます。
STEP.3
注文画面に必要情報を入力する

XMアプリ 注文入力

注文画面が表示されたら必要情報を入力します。

各項目の説明は、以下の通りです。

項目 説明
①売り・買い 「売り」「買い」を選択する
②ロット数 ロット数を入力する(0.01〜)
③ストップロス 損切りラインを設定する場合、チェックして価格を入力する
④テイクプロフィット 利確ラインを設定する場合、チェックして価格を入力する

注文に必要な情報を入力できたら、下部の「注文を確定する」をタッチします。

STEP.4
注文完了画面が表示される

XMアプリ 注文完了

注文確定ボタンを押し、上の画面が表示されたら注文完了です。

以上がXMアプリで注文する流れです。

 XMのスマホアプリで決済する方法と流れ

XMのスマホアプリで決済する方法を解説します。

STEP.1
XMアプリの注文タブを開く

XMアプリ 注文タブ

まずはXMアプリを開き、下にある注文タブをタッチします。

STEP.2
注文管理画面のバツマークを押す

XMアプリ バツマーク

注文タブを開くと注文管理画面に切り替わり、現在保有しているポジションが表示されます。

決済するポジションの右側にある「バツマーク」を押しましょう。

STEP.3
スライド表示された「決済」を押す

Xmアプリ 決済表示

ポジションのバツマークを押すと、画面が左にスライドして決済ボタンが表示されます。

ポジションを手仕舞う場合、そのまま決済ボタンを押してください。

STEP.4
決済完了画面が表示される

XMアプリ 決済完了

決済ボタンを押し、上の画面が表示されたら決済完了です。

以上がXMアプリで決済する流れです。

XMの使い方【レバレッジ変更編】

XMの使い方【レバレッジ変更編】

XMのレバレッジ変更方法を解説します。

STEP.1
XMの会員ページにログインする

XM ログイン

まずはXMの会員ページにログインしましょう。

ログインするには、口座開設時に受け取った「ID」とご自身で設定した「パスワード」が必要です。

STEP.2
マイアカウントの「オプションを選択する」を押す

XM マイアカウント概要

会員ページにログインできたら下の方までスクロールします。

「マイアカウントの概要」が表示されるので、そこにある「オプションを選択する」を押しましょう。

STEP.3
メニューにある「レバレッジ変更」を選択する

XM レバレッジ変更

「オプションを選択する」を押すと、複数のコマンドが表示されます。

上から4番目の「レバレッジ変更」をクリックしましょう。

STEP.4
レバレッジ倍率を選択して「リクエスト送信」を押す

XM レバレッジ倍率選択

レバレッジ変更画面が表示されたら、レバレッジ倍率を選択して「リクエスト送信」を押します。

STEP.5
レバレッジ変更完了画面が表示される

XM レバレッジ変更完了

リクエストを送信し、上の画面が表示されたらレバレッジ変更完了です。

XMの使い方【出金方法編】

XMの使い方【出金方法編】

XMの出金方法について解説します。

STEP.1
XM会員ページにログインする

XM ログイン

まずはXM会員ページにログインしましょう。

STEP.2
メニューバーの「出金」をクリックする

XM メニュー 出金

次に、会員ページのメニューバーにある「出金」を押します。

STEP.3
出金方法一覧の出金ボタンを押す

XM 出金一覧

出金タブを開くと出金方法一覧が表示されるので、出金ボタンを押しましょう。

STEP.4
銀行口座情報を入力する

XM 銀行口座情報

出金画面が表示されたら銀行口座情報を入力します。

各項目の記入例は、以下の通りです。

項目 記入例
①銀行名 SURUGA BANK LTD.
②銀行口座番号 1234567
③SWIFTコード SRFXJPJT
④支店コード 156
⑤支店名 SHINNZYUKU BRANCH

投資家Aさん

SWIFTコードって何?

SWIFTコードは、銀行間送金の際に用いる”8桁のコード”です。

SWIFTコードがわからない場合、Googleで「◯◯ SWIFTコード」と検索しましょう。
銀行側が公式サイトで「銀行名の英語表記」や「SWIFTコード」をまとめてくれています。

STEP.5
出金額を入力してチェックを入れる

XM 出金 チェック

最後に、出金額を入力して規約に同意します。
リクエスト送信ボタンを押したら出金手続き完了です。

リクエスト完了後、XMが24時間以内に出金処理してくれます。

XMの使い方まとめ

XMの使い方まとめ

この記事のまとめ
  • XMの口座開設は5分〜10分程度で完了できる!
  • XMのレバレッジ1,000倍で取引したい方は、投資額の項目で「0-20,000」と入力しよう!
  • XMの入金手続きは1時間以内に完了するから、スムーズに取引に移れる!
  • XMでは「PC・スマホ・タブレット」と各端末でMT4やMT5が利用可能!
  • XMのスマホアプリを使えば、外出先でも分析ツールを駆使して取引できる!

「XMをサクッと始めたい!」と思っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら登録してみてください。

口座開設から出金方法まで幅広く画像付きで解説しているので、その都度別のサイトに飛ぶことなく登録作業を進められます。

また本サイトでは、「1万円チャレンジを成功させるには?」というXM初心者向けの記事も用意しているので、気になった方はぜひそちらもご覧ください。

XMで1万円チャレンジを成功させるには?おすすめの手法や銘柄を紹介!

ユーザーレビュー

レビューはありません

レビューを投稿する