足立区の自転車の処分方法を解説!無料引き取り方法も紹介!

足立区の自転車の処分方法を解説!無料引き取り方法も紹介!

足立区で自転車を処分したいと思っていても、処分方法がわからずに困っている方はいませんか?

粗大ゴミとして処分できるのか、無料で処分できる方法はないのか、疑問に感じている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、足立区で自転車を処分する方法について分かりやすく解説していきます。

お金をかけずに処分する方法や、自転車を処分する前にやっておくことなども紹介しますので、参考にしてみてください。

足立区の自転車処分方法は2つ

足立区の自転車処分方法
足立区で自転車を処分してもらう方法は、以下の2つです。

足立区で自転車を処分する方法
  • 粗大ゴミに出す
  • 指定場所に持ち込む
それぞれの処分方法について解説していきます。

①粗大ゴミに出す

足立区では1辺の長さが30cmを超えるごみを粗大ゴミとして回収しています。

自転車は粗大ゴミの対象ですが、回収してもらう際は事前申し込みが必要です。

粗大ゴミに出す手順は以下のようになります。

足立区で自転車を処分する方法
  1. 粗大ゴミの回収を申し込む
  2. 粗大ごみ処理券を購入する
  3. 粗大ごみ処理券に名前・受付番号を記載する
  4. 粗大ごみ処理券を自転車に貼り付ける
  5. 回収日の朝8時までに玄関先に自転車を置く
粗大ゴミを出す場所は、集合住宅の場合は粗大ごみ置場か1階出入口付近、戸建住宅は玄関先に出すのが原則です。

回収日に立ち会う必要はありません。

粗大ゴミの処分には手数料がかかります。

自転車は400円の処理手数料がかかるので、400円分の粗大ごみ処理券を事前に購入しておきましょう。

粗大ごみ処理券は、足立区にある以下のコンビニで購入できます。

粗大ゴミ処理券を購入できるお店
  • ローソン
  • ローソン・スリーエフ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
コンビニのほかにも、「ごみ処理券取扱所」の表示のあるお店で購入できます。

詳細は「有料粗大ごみ処理券・有料ごみ処理券取扱所一覧」(https://www.city.adachi.tokyo.jp/documents/1459/0404toriatukaijoichiran.pdf)で確認できます。

②指定場所に持ち込む

指定場所に自転車を直接持ち込んで処分することも可能です。

自分で指定場所に持ち込む場合は、処理手数料が免除されます。

持ち込みは以下の場所で受け付けています。

足立区指定の持ち込み場所
会社名 住所 受付時間
白井運輸(株) 足立区鹿浜三丁目28番7号 午前9時から午後4時まで(年末年始を除き年中無休)
(株)新井商店 足立区北加平町8番26号 土曜日・日曜日・祝日のみ午前9時から午後4時まで(年末年始を除く)

直接持ち込む場合でも、事前に申し込みが必要です。

事前申し込みなしで持ち込んでも、受け付けてもらえません。

申し込みは持込日の3日前までに済ませておきましょう。

持ち込む際は、身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)が必要になるので、当日は忘れずに持参してください。

午前中は混雑しやすいので、持ち込むなら午後がおすすめです。

足立区で粗大ゴミ収集を申し込む方法

足立区で粗大ゴミ収集を申し込む方法
足立区で粗大ゴミ収集を申し込む方法は、以下2通りあります。

足立区で粗大ゴミ収集を申し込む方法
  • インターネット
  • 電話
それぞれの申込方法について紹介していきます。

インターネットで申し込む方法

粗大ごみ受付センターのサイトでは、24時間申し込みを受け付けています。

インターネットで申し込む方法
  1. 粗大ごみ受付センター(https://sodai.tokyokankyo.or.jp)にアクセスする
  2. メールアドレスを登録する
  3. 申込案内メールを受け取る
  4. 24時間以内に申し込みを済ませる
インターネット上からはいつでも申し込みできますが、受付できるのは収集希望日の7日前までです。

引越しなどで自転車を処分したい方は、早めに申し込みを済ませておきましょう。

申し込み完了後に変更や取り消しをしたい場合は、受付内容照会ページで手続きできます。

インターネット上で一度に申し込みできる個数は、10個までです。

11個以上の申し込みは受け付けていません。

自転車と一緒に他の不用品もまとめて処分したい方は注意が必要です。

電話で申し込む方法

粗大ゴミ受付センターへ直接電話をかけて申し込むことも可能です。

ただし、受付時間内に申し込む必要があります

電話での申し込み
申込先 電話番号 受付時間
粗大ごみ受付センター 03-5296-7000 月曜から土曜 8時から19時まで(祝日も受付)(年末年始・メンテナンス時を除く)
粗大ごみ受付臨時センター 0570-03-7000 月曜から金曜 8時から19時まで(祝日も受付)(年末年始・メンテナンス時を除く)

電話をかけたら収集日を決めて、収集日に自転車を処分しましょう。

日曜日は電話での申し込みを受け付けていません。

また、休み明けの月曜日の午前中は混雑して電話がつながりにくいため、急いでいる方はインターネットからの申し込みをおすすめします。

特に3〜4月の引越しシーズンや年末年始は混雑するので、早めに申し込んでおきましょう。

足立区内の自転車移送所では無料で引き取り可能

足立区内の自転車移送所
足立区内の自転車移送所に持ち込めば、不要になった自転車を無料で引き取ってもらえます。

ただし、この方法を利用できるのは、以下に該当する人に限られます。

足立区内の自転車移送所に持ち込み可能な人
  • 区内在住者
  • 区内在勤者

無料引き取りの対象になる自転車

足立区の自転車移送所で引き取り可能な自転車は、以下のとおりです。

足立区の自転車移送所で引き取り可能な自転車
  • 防犯登録ができる自転車(電動自転車・大人用三輪車を含む)
  • パンクしている自転車
  • 故障している自転車
一輪車や子供用三輪車など防犯登録ができない自転車や不法投棄された自転車は、引き取りの対象外です。

また、パーツのみの引き取りもできません。

無料引き取りを行なっている場所

足立区で自転車の無料引き取りに対応しているのは、以下の施設です。

自転車の無料引き取り場所
施設名 住所 電話番号
竹の塚移送所 足立区東伊興三丁目18-7 03-3857-8669
中央本町移送所 足立区足立四丁目16-19先 03-3852-5846
北綾瀬移送所 足立区谷中一丁目8-10 03-5697-6326
扇移送所 足立区扇一丁目1先 03-5647-1273
関屋自転車駐車場 足立区千住曙町42-1 03-3879-2325
北千住南自転車駐車場 足立区千住旭町42-3 03-3870-2619
千住大橋自転車駐車場 足立区千住橋戸町107-1 03-3882-6449
五反野北自転車駐車場 足立区足立四丁目17-25先 03-3887-3706
竹の塚東自転車駐車場 足立区竹の塚六丁目16-9先 03-3859-1065
竹の塚西自転車駐車場 足立区西竹の塚二丁目12-2 03-5837-0505
大師前自転車駐車場 足立区西新井一丁目16-15 03-3890-3992
西新井自転車駐車場 足立区梅田八丁目14先 03-3880-7601
六町駅自転車駐車場 足立区六町四丁目1-25 03-3884-0520

ほとんどの施設が平日・休日問わず対応していますが、受付時間がそれぞれ異なります。

持ち込む前に確認しておきましょう。

無料引き取りの手続き方法

自転車移送所で自転車を引き取ってもらうときは、以下の書類を持参する必要があります。

手続きに必要な書類
  • 自転車譲渡申出兼証明書
  • 本人確認ができる資料(運転免許証・健康保険証など)
自転車譲渡申出兼証明書はインターネット上(https://www.city.adachi.tokyo.jp/documents/24128/jyoutoshoumei.pdf)からダウンロードできますが、現地で受け取ることも可能です。

自転車譲渡申出兼証明書に名前や住所などの必要事項を記入して提出しましょう。

自転車を引き取ってもらう際に本人確認が必要になるため、運転免許証なども忘れず持参してください。

自転車を無料で引き取ってもらうためには、直接施設に持ち込む必要があります。

車で施設に行っても駐車するスペースがないので注意が必要です。

足立区の自治体以外で自転車処分する方法

足立区の自治体以外で自転車処分する方法
自転車を処分する方法は、ほかにも複数あります。

自転車を処分する方法
  • リサイクルショップ
  • フリマアプリ・ネットオークション
  • 引越し業者
  • 不用品回収業者
自分に都合の合う方法で自転車を処分しましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに持ち込めば、その場で自転車を買い取ってもらえます。

店舗に出向く時間がない場合は、自宅まで出張買取に来てもらうことも可能です。

売れたら臨時収入を得られますが、必ず売れる保証はありません。

傷などの使用感のある自転車は、買い取ってもらえない可能性もあります。

高級ブランドの自転車や人気のロードバイクでも、安値で買い取られる可能性があるので注意が必要です。

売れるかどうか心配は方は、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

少しでも高値で売りたい場合は、リサイクルショップではなく自転車専門の買取店に持ち込むことを検討してみましょう。

フリマアプリ・ネットオークションで売る

フリマアプリやネットオークションに出品して自転車を売る方法もあります。

出品価格は自分で設定できるので、相場よりも高値で売ることも可能です。

ただし、梱包や配送などに手続きがかかるうえに、送料がかかるというデメリットもあります。

買い手が見つからないと売れるまでに時間がかかるため、自転車をすぐに処分したい方には不向きです。

買い手とトラブルになる可能性もあるので、手間をかけずに処分した方は別の方法で処分することをおすすめします。

引越し業者に依頼する

引越しする際に業者に依頼して自転車を処分することも可能です。

不用品回収に対応している引越し業者は多いので、引越しついでに簡単に処分できます。

引越しまで時間がなくて粗大ゴミに出せない場合でも、業者に依頼すれば引越し日に処分してもらえるので便利です。

引越しをきっかけに自転車を処分しようと考えている方は、事前に見積もりを依頼しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

自転車のほかにも処分したい不用品がある場合や、処分を急いでいる場合は不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者なら幅広い品目をまとめて引き取ってくれます。

都合の良い日時に自宅まで引き取りに来てもらえるので、自宅から搬出するのが難しい場合や、処分したい日が決まっている場合に便利です。

不用品回収業者の中には、不用品の買取サービスを行なっているところもあります。

まだ使えるものはその場で買取してもらえるので、回収費用を安く抑えられます。

搬出後に簡単な掃除を行なってくれる業者もあるため、利便性を重視する方におすすめです。

自転車を処分する前にやっておくこと

自転車を処分する前にやっておくこと
自転車を手放すときは、事前に防犯登録を抹消しておく必要があります。

自転車を処分することを決めた時点で、早めに手続きをしておきましょう。

自転車を手放すときは防犯登録の抹消手続きが必要

自転車の防犯登録とは、盗難被害を防止して安全に利用するために自転車保有者に義務付けられた登録のことです。

万が一自転車を盗まれても、防犯登録をしておけば早期発見・解決に役立ちます。

防犯登録はお住まいの都道府県に登録されているため、自転車を手放すときや他の場所へ引っ越すときは、抹消手続きが必要になります。

自転車の防犯登録を抹消する手順

防犯登録の抹消手続きは、自転車販売店もしくは警察署防犯係で行えます。

抹消手続きをするときは、以下のものを持参しましょう。

自転車の抹消手続きに必要なもの
  • 自転車本体
  • 身分証明書
  • 自転車防犯登録甲カード
「自転車防犯登録甲カード」とは、登録時に渡されたカードのことです。

カードを紛失してしまった場合でも、防犯登録番号や車体番号などが登録内容と合致すれば抹消手続きを行えます。

抹消手続きが終わったら、「自転車防犯登録変更(訂正)・抹消届 お客様控」を受け取って大切に保管しておきましょう。

足立区で自転車を処分する方法まとめ

東京都足立区で自転車を処分する方法についてご紹介しました。

自転車は粗大ゴミとして処分することもできますが、足立区内にある自転車移送所に持ち込めば無料で引き取ってもらえます。

まだ比較的新しい自転車なら買取価格がつく可能性があるので、リサイクルショップで売却することも検討してみましょう。

自転車と一緒に処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

不用品回収業者なら、さまざまな不用品をまとめて引き取ってくれるため手間がかかりません。

都合の良い日時に引き取りに来てもらえるので、引越しなどで急いでいるときに役立ちます。

まずは気軽に見積もりを依頼してみましょう。