【無料一括見積もり】即日対応の回収業者を比較

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する手順は?対象の家電や持ち込み費用をご紹介

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する手順は?対象の家電や持ち込み費用をご紹介

一般家庭や事業所などで家電が不要となった時には、どのように処分していますか?

不要となった家電でもまだ使える部品や資源があるため、「家電リサイクル法」が推進されているんです。

家電をリサイクルすることで有用な部品を有効利用できるだけでなく、ごみを減らすことにもつながります。

大手の家電量販店であれば「家電リサイクル法」に則り、不要な家電を回収しています。

今回の記事では、ケーズデンキ家電リサイクルを利用する時はどのようにすればよいのかまとめました。
対象となる家電の種類かかる費用についても合わせてご紹介いたします。

この記事を読んでわかること
  • ケーズデンキで家電リサイクルを利用する手順
  • ケーズデンキで家電リサイクルの対象となる家電
  • ケーズデンキで家電リサイクルを利用する時の費用
  • ケーズデンキで小型家電リサイクルを利用する時の費用
  • ケーズデンキ以外で家電を処分する3つの方法
  • 1都3県で家電を処分するなら日本不用品回収センターがおすすめ

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する手順は?

ケーズデンキの家電リサイクル手順

ケーズデンキではごみの発生を抑制して資源を有効に活用するため、ご家庭でいらなくなった家電のリサイクルを推進しています。

「家電リサイクル法」に則って回収してもらうことが可能です。

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する方法は、ケーズデンキで家電を新規で購入した場合と、回収のみを依頼するパターンがあります。

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する方法
  • ケーズデンキで新たに家電を購入する
  • 回収のみを依頼する

ケーズデンキで新規で家電を購入した場合の手順

ケーズデンキで新規で家電を購入した場合は、購入した際に古い家電の引き取りについて依頼するだけでOKです。

新規の家電が家に届いた際に、古い家電を回収してもらうことができます。

家電の種類によって回収の手数料は異なります。後述しておりますので参考にしてみてください。

回収のみを依頼する際の手順

回収のみを依頼する場合は、直接店舗に連絡を入れて回収の日時を決定する形になります。

回収日当日の作業後、スタッフに手数料を支払います。

自宅まで回収をお願いした場合はリサイクル料とは別に配送料がかかります。

ケーズデンキで購入していないものであれば配送料が高くなりますので、運び出し可能であれば店舗に直接の持ち込みも検討してみてください。

家電の種類によっては、店頭での回収のみ対応可能なものもあります。

ケーズデンキで家電リサイクルの対象となる家電は?

ケーズデンキの家電リサイクル対象となる家電

リサイクルの対象となる家電の中でもテレビ冷蔵庫洗濯機エアコン特定4品目にしていされています。

特定4品目については特にリサイクルが推奨されているため、自治体の大型ごみとして回収してもらえません

ケーズデンキなどの家電量販店が回収を行い、適切に製造メーカーに引き渡されてリサイクルされます。

テレビ

テレビにはブラウン管液晶プラズマなどがありますが、いずれのテレビも家電リサイクル法の回収対象となります。

16型以上のものについては、回収費用が少し高くなります。

冷蔵庫

冷蔵庫も170L以上の大型のものは、回収費用が少し高くなります。

冷蔵庫だけでなく、冷凍庫家庭用のワインクーラーなども特定4品目の対象となります。

エアコン

エアコンは自分で取り外すことも不可能ではありませんが、それなりの知識や道具が必要なためあまりおすすめしません。

古いエアコンのみを回収してもらう場合は、処分費用が高くなる可能性があります。

洗濯機

ドラム型洗濯機縦型洗濯機だけでなく、衣類乾燥機も対象となります。

ケーズデンキで家電リサイクルを利用する時の持ち込み費用

ケーズデンキの家電リサイクル費用

ケーズデンキで国内主要メーカーの特定4品目に分類される家電の回収を依頼した場合、次のような料金がかかります。

一部の製造メーカーや海外のメーカーの製品ですと、リサイクル料が上がる可能性があります。

ケーズデンキで家電リサイクルを利用した際の手数料(2022年7月現在)
テレビ(15型以下) 1,320円~
テレビ(16型以上) 2,420円~
冷蔵庫(170L以下) 3,740円~
冷蔵庫(170L以上) 4,730円~
洗濯機 2,530円~
エアコン 900円~

上記の金額は、直接持ち込みを行った際の料金となります。

引き取りを依頼した場合はプラス2,200円の運搬料金がかかります。(お住いの地域によって運搬料の変動があります。)

ケーズデンキで新規に購入した製品と別の品目ケーズデンキ以外で購入した製品については、運搬料が3,300円になります。

ケーズデンキで特定4品以外の小型家電をリサイクルする時の費用

ケーズデンキの小型家電リサイクル費用

特定4品目以外の家電についても、回収を依頼することができます。

サイズによって手数料は違いますので、参考にしてください。

特定品目

特定品目に分類されている家電は、無料で回収してもらえます。

特定品目に指定されている家電には次のようなものがあります。

特定品目 無料で回収できるもの(2022年7月現在)
デジタルカメラ ゲーム機 電子辞書・電子手帳 ETC車載ユニット
ビデオカメラ 携帯音楽プレーヤー ポータブルMD・CD VICSユニット
カーナビゲーション ACアダプター テープレコーダー ICレコーダー
パソコン本体 タブレット端末 携帯電話

回収が無料となるのはパソコンの本体のみで、モニターは有料での回収となります。

持ち込みが難しい場合は、別途手数料が必要ですが訪問回収を利用できます。

パソコンや携帯電話に関しては、店頭での引き取りのみが対象となっており、訪問回収は対応してもらえませんのでご注意ください。

小型品目

比較的サイズが小さい小型家電については、1つあたり550円で回収してもらうことができます。

小型品目 手数料550円(2022年7月現在)
ポータブルラジオ ラジカセ オーブントースター 電話機、FAX
ヘッドホン ドアホン 食器洗い乾燥機 電気シェーバー
小型スピーカー レコーダー(BD、DVD、ビデオ) 布団乾燥機 コーヒーメーカー
ホットプレート 血圧計 加湿器 電気ストーブ
ドライヤー 体組成計 扇風機 その他小型家電

中型品目

中型の家電になると手数料が1,100円になります。

中型に分類されるのは下記の家電です。

中型品目 手数料1,100円(2022年7月現在)
CD、MD、メモリーコンポ カーステレオ 炊飯器 ズボンプレッサー
シアタースピーカー プリンター ガステーブル 電気掃除機
電子キーボード 冷温水器 照明器具 空気清浄機
ホットカーペット こたつ その他中型家電

大型品目

大型家電のリサイクル手数料は2,200円です。

石油ファンヒーターは引き取り不可の家電量販店も多いですが、ケーズデンキでは対応してもらえます。

大型品目 手数料2,200円(2022年7月現在)
ホームシアターセット 電子レンジ 石油ストーブ 温水ルームヒーター
投射型プロジェクター オーブンレンジ ファンヒーター トレーニング機器
DVDカラオケ IHクッキングヒーター FF式石油ヒーター 電動アシスト自転車
除湿機 シーリングファン シャンデリア その他大型家電

超大型品目

かなり大型の家電となると、回収手数料が4,400円になります。

持ち込みが難しければ、別途配送料がかかりますが(2200円~)運搬の手配を行ってください。

超大型品目 手数料4,400円(2022年7月現在)
マッサージチェア 床暖房機器 シアターラックシステム 石油煙突ストーブ
電子ピアノ その他超大型家電

ケーズデンキ以外で家電を処分する3つの方法

ケーズデンキ以外で家電を処分する方法

ケーズデンキなど家電量販店で回収してもらう以外にも、家電を処分する方法があります。

3つの処分方法に分けて解説しますので、参考にしてください。

自治体の回収サービスを利用する

ケーズデンキなど家電量販店の家電リサイクルを利用する以外にも、家電を処分する方法があります。

特にリサイクルが推奨されているテレビ冷蔵庫洗濯機エアコンの特定4品については、自治体の大型ごみとしては回収してもらえませんがその他の家電については大型ごみとして回収可能です。

自治体によっては、特定四品目を回収する「家電リサイクル受付センター」が設けられています。

東京23区では、特定4品目の家電について家電リサイクル受付センターで回収を依頼することが可能です。

リサイクル料収集運搬料を支払うことでいらなくなったテレビや冷蔵庫を引き取ってもらえます。

東京23区家電リサイクル受付センターの費用(2022年7月現在)
対象の家電 リサイクル料 運搬料
エアコン 990円 3,157円
テレビ(15型以下) 1,870円 2,618円
テレビ(16型以上) 2,970円 2,750円
冷蔵庫(170L以下) 3,740円 3,157円
冷蔵庫(170L以上) 4,730円 3,157円
洗濯機 2,530円 3,157円

買取サービスで家電を売る

まだ使用できるものであれば、リサイクルショップフリマアプリネットオークションなどを利用して売却することが可能です。

売却できれば収入を得ることができますので、美品であれば売却も検討しましょう。

運び出しが難しければ、リサイクルショップの出張買取サービスの利用がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

「とにかく手間をかけず早く処分したい」という方は不用品回収業者の利用もおすすめです。

運び出しや取り外しが難しい家電も、不用品回収であれば速やかに処分してもらえます。

業者によって費用に違いがありますので、数社から見積もりを取り都合の良いところを選択してください。

悪徳業者にご注意ください

数ある不用品回収業者の中には、一部ですが悪質な業者も潜んでいます。

「不用品があれば引き取ります」とアナウンスをしながら走っているトラックや、手数料が安すぎる業者は注意が必要です。

後に高額な手数料を請求されたり、不法投棄のトラブルに巻き込まれたりなどする可能性もあります。

自治体から許可を得て運営している業者は「古物商許可」または「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しています。

依頼する前に「古物商許可」または「一般廃棄物収集運搬許可」を得ているかどうか、チェックしておきましょう。

不要な家電の処分なら日本不用品回収センターがおすすめ!

不用品の回収は日本不用品回収センターへ

不要な家電の処分にお困りの方は、日本不用品回収センターがおすすめです。

日本不用品回収センターでは関東エリアを中心に不用品の回収を行っており、最短30分で回収に来てもらえます。

365日24時間受付を行っており、不用品1つからでも依頼可能です。

お得な定額パックなので追加料金もなく安心です。不用品でお困りの際は是非無料見積もりを依頼しましょう!

>>日本不用品回収センターの料金プランへ

日本不用品回収センターの特徴
  • お得な定額パックで安心
  • 1点からでも回収に対応
  • 365日・24時間受付
  • 最短30分でお伺い

まとめ|ケーズデンキで家電リサイクルを利用する手順

ケーズデンキで家電リサイクルをする方法は、新規で家電を購入した場合引き取りのみを依頼する2つのパターンがあります。

新規で家電を購入した際は、購入時に古い家電の引き取りを依頼しましょう。

回収のみを依頼する場合は、直接ケーズデンキに連絡を行い回収の日時を決めます。

引き取りしてもらう家電がケーズデンキで購入したものでなければ、運搬手数料が高めになりますので、可能であれば持ち込みを検討するのもおすすめです。

ケーズデンキなどの家電量販店で引き取りを依頼する以外にも、自治体の回収サービスの利用不用品回収業者に依頼する方法もあります。

傷が少なくまだまだ使用できるものであればリサイクルショップフリマアプリネットオークションなどで売却することも可能です。

ご都合の良い処分方法を検討してみてください。