【無料一括見積もり】即日対応の回収業者を比較

ベッドの買い替えで利用できる!引き取り無料でニトリ・無印の家具を処分!お得な捨て方をご紹介!

ベッド処分方法

ベッドをどのように処分すればいいのかわからないとお困りの方はいませんか?

古くなったり、引越しに伴いベッドを買い換える際、ベッドはサイズが大きく、重量があるので処分に悩む方は少なくありません。

不要になったベッドは家に置いておくと邪魔になるため、すぐに処分したいという方もいますよね。

そこで今回は、ベッドの引き取りサービス9選とメリットやデメリットをご紹介します。

これを読めばベッドを賢く処分できること間違いなしです!

この記事をまとめると
日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

おすすめ不用品回収業者は?

不用品回収業者 最低料金 特徴
日本不用品回収センター
日本不用品回収センター
¥10,000〜 今なら最大5,000円OFFのWEB割実施中!
ECO助っ人
ECO助っ人
¥5,000〜 他店徹底対抗でいつでも相見積もり可能
不用品回収センター不用品回収センター ¥4,800~ 追加パックも断然お得
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/
記事監修者紹介
インブルーム株式会社・伊坪さんインブルーム株式会社・伊坪さん
整理収納アドバイザー1級、企業内整理収納マネージャー。株式会社インブルームのセミナー講師として活動している。YoutubeやInstagramにて面倒くさがり屋でもできる片付け方法を発信。NHK『あさいち』テレビ出演、ラジオ日本へ出演。
公式サイト:https://okataduke.me/

目次

ベッドの引き取りサービスを比較!ニトリや無印で対応可能

ベッドの引き取りサービスを比較!ニトリや無印で対応可能

ベッドの引き取りサービスに対応している販売店を比較していきましょう。

ベッドの買い替えを検討している方は、引き取りサービスの利用条件も確認しておくと安心です。

販売店 費用(税込) 利用条件
日本不用品回収センター
日本不用品回収センター
5,000円〜
ニトリのベッド引き取りサービス
ニトリ
4,400円 新たに商品購入
無印良品
無印良品
4,000円(税込) 新たに商品購入
IKEA
IKEA
無料 IKEA製のベッドのみ対応
新たに商品購入
ナフコ
ナフコ
無料 新たに商品購入
dinos
ディノス
無料 税込69,800円以上の商品購入
一部エリアのみ
ベルメゾン
ベルメゾン
無料 販売価格税込41,800円以上
新たに商品購入
島忠
島忠
無料 新たに商品購入
東京インテリア
東京インテリア
2,000円〜5,000円 新たに商品購入
大塚家具
大塚家具
2,000円〜 税込69,800円以上の商品購入
アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマ
不可 家電のみ引き取り対応可

家具販売店の引き取りサービスは、新しいベッドを買い替えるタイミングで利用できます。

ベッドの引き取りのみの依頼は受け付けていないお店が多いです。

日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

ニトリのベッド引き取りサービス

ニトリのベッド引き取りサービス

ニトリで新しくベッドを購入すると古いベッドを1点4,400円で引き取ってもらえます。

購入した商品と同じ数量または同容量のものまでしか対応してもらえません。

つまり、ベッドを1つ購入して2つ以上引き取ってもらうことはできないので、注意しましょう。

ニトリのベッド引き取りサービスのポイント
  • 商品の配送先と異なる住所からの引き取りは対応不可
  • 「配送員設置商品」と書かれた商品に限られる
  • 引き取ってもらうベッドはニトリ以外の製品でも可能
参考:ニトリのサービス

ニトリで家具を引き取ってもらう方法 ニトリの家具引き取りサービスは無料?知らないと損する回収キャンペーンも解説 関連記事:ニトリの家具引き取りサービスはこちら

無印良品のベッドの引き取りサービスは無料?

無印良品のベッドの引き取りサービス

無印良品では組み立てや設置など作業員の対応が必要なベッドを購入すると、古いベッドを引き取ってもらえます。

商品の配送時に4,000円で対応してもらえます。

ただし、ウォーターベッドや電動ベッドは引き取ってもらえません。

また、吊り下げ作業が必要な場合は追加で10,000円の費用がかかります。

無印良品のベッド引き取りサービスのポイント
  • 組み立て式のベッドは解体しておく必要がある
  • 購入した商品と同種かつ同数の不用品に限る
  • ベッドの引き取りのみ依頼することはできない
参考:無印良品

IKEAのベッドの引き取りサービス

IKEAのベッドの引き取りサービス

IKEAではベッドを引き取ってくれるサービスはありません。

しかし、マットレスの引き取りサービスがあります。

IKEAで新しいマットレスを購入すると、古いマットレスを無料で回収してくれます。

ただし、引き取りサービスは店舗でしか対応しておらず、オンラインストアで申し込むことができません。

IKEAのベッド引き取りサービスのポイント
  • IKEAの引き取りサービスを利用できる地域は限られている
  • アウトレットコーナーのマットレスの購入者は対象外
  • 引き取りは無料だが配送料として5,500円かかる
参考:IKEA ソファ・マットレス引き取りサービス

【無料】ナフコのベッドの引き取りサービス

ナフコのベッドの引き取りサービス

ナフコでベッドを購入すると、購入商品と同種かつ同数の商品を無料で引き取ってくれます。

引き取りサービスに対応している商品を購入した方を対象としています。

対象商品を確認したい方は、ホームページを参照しましょう。

ナフコのベッド引き取りサービスのポイント
  • 対象商品を購入するとベッドを無料で引き取ってもらえる
  • ベッドの組み立てを依頼する場合は別途2,000円必要
  • 吊上げ搬入が必要な場合は別途3,000円かかる

参考:TWO-ONE-STYLE

ディノスのベッドの引き取りサービス

ディノスのベッドの引き取りサービス

ディノスの商品注文時に申し込みをすると、ベッドの引き取りを依頼できます。

1点につき69,800円以上の商品をオンラインショップで購入した方が利用できます。

また、対応エリアが限られていて、東京都にお住まいの方を対象としているので気をつけましょう。

ディノスのベッド引き取りサービスのポイント
  • オンラインショップでの事前申し込みが必須
  • 東京都内に届け先を指定した方のみ利用可能
  • 購入した商品と同等品・同数に限る

参考:ディノス 大物家具無料引き取りサービス

【無料】ベルメゾンのベッドの引き取りサービス

ベルメゾンのベッドの引き取りサービス

ベルメゾンのベッドの引き取りサービスは、41,800円以上の商品を購入すると利用できます。

沖縄、離島など一部地域を除く全国で対応しており、引き取り費用は無料です。

商品の配送日と引き取りを別日に依頼することはできません。

ベルメゾンのベッド引き取りサービスのポイント
  • 配送日当日の依頼は対応不可
  • 販売価格41,800円以上、大型商品送料7,150円の商品の購入者が対象
  • セール商品はサービス対象外

参考:ベルメゾン 不要家具の引き取りサービス

島忠のベッドの引き取りサービス

島忠のベッドの引き取りサービス

島忠のベッド引き取りサービスは、1回の注文につき4,400円で利用できます。

購入した商品と同数または同容量まで引き取ってもらえます。

配送先と引き取り先は同一住所でなければいけません。

島忠のベッド引き取りサービスのポイント
  • 配送先と引き取り先は同一住所に限られる
  • 引き取りは配送日と同日対応のみ
  • オンラインで購入するときは「カートの確認」画面で数量を選択する

参考:島忠

東京インテリアのベッドの引き取りサービス

東京インテリアのベッドの引き取りサービス

東京インテリアでベッドを購入すると、有料で家具の搬出と移動を依頼できます。

ベッド一式またはマットレスのみの対応は5,000円かかります。

引き取り可能なエリアが限られているので、商品を注文するときに販売員に確認しましょう。

東京インテリアのベッド引き取りサービスのポイント
  • 北海道や沖縄など一部エリアでは利用不可
  • 大型家具の配送料金として商品の購入代金+2,000円かかる(土日祝日は1件3,000円)
  • 布団類の引き取りは対応していない
参考:東京インテリア

大塚家具のベッドの引き取りサービス

大塚家具のベッドの引き取りサービス

大塚家具でベッドを購入すると、同数・同等の商品を有料で引き取ってもらえます。

シングルベッドの回収は2,000円で対応してもらえます。

種類 回収費用
ベッドSS・S・M 2,000円
ベッドD・WDL 3,000円
ベッドQ以上 4,000円
ウォーターベッド(事前に水抜きされたもののみ対応) 3,000円
二段ベッド・システムベッド 4,000円

電動ベッドも引き取ってもらえますが、上記の回収費用に追加で2,000円かかります。

大塚家具のベッド引き取りサービスのポイント
  • ベッドのサイズに応じて回収費用が異なる
  • 購入した家具と同数・同等の商品を引き取ってもらえる
  • ベッドの中身をあらかじめ空にしておく
参考:大塚家具

アイリスオーヤマのベッドの引き取りサービス

アイリスオーヤマのベッドの引き取りサービス
アイリスオーヤマは、ベッドをはじめとする家具の引き取りを実施していません。購入時に、開梱と設置を依頼することはできますが、不要になった家具を引き取りしていないので注意してください。

アイリスオーヤマの引き取りサービスは、家電が対象です。

アイリスオーヤマで購入したベッドを引き取ってもらうには、自治体や不用品回収業者に回収を依頼して処分しましょう。
参考:アイリスプラザ

ベッドの引き取りサービス以外の処分方法5選!費用から手順まで解説

ベッドの引き取りサービス以外の処分方法

では、ベッドを処分する方法を5つご紹介します。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の都合にあった方法を選択しましょう。

日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

自治体で収集してもらう

自治体で収集してもらう

ベッドは自治体で収集してもらうことが可能です。

自治体で回収している燃えるゴミは基本的に1辺が30cm未満のものに限られているため、ベッドを処分するには粗大ゴミに出す必要があります。

粗大ゴミを捨てるには自治体に事前に申し込みを行わなければいけません。

ただし、自治体ごとに粗大ゴミを出す時のルールが異なるため、ホームページで確認しておきましょう。

自治体で収集するときのメリット・デメリット
メリット

  • 1,500円程度でベッドを処分できる
  • 自治体で回収を行なっているので安心して利用できる

デメリット

  • 申し込みの受付時間や曜日が限られている場合がある
  • 問い合わせが殺到する時期は早めに申し込んでおく必要がある
比較的安価で回収してもらえる代わりに、粗大ゴミの券を買いに行く、回収場所まで運ぶ、運ぶために解体しなければならない可能性がある、などの手間が結構かかってしまうのがデメリットです。また、マットレスは特に注意が必要で、スプリングの入ったマットレスは適正処理困難物のため、回収不可の場合もあるなど処分の可否や費用が異なるので必ずお住まいの自治体の粗大ごみ案内ページを確認する、または問い合わせるようにしましょう。

伊坪さん

粗大ゴミを自治体に回収してもらう時の手順

自治体で粗大ゴミとしてベッドを処分する際の基本的な流れは以下の通りです。

ここでは東京都で粗大ゴミを処分する際の方法を例に挙げて説明します。

STEP.1
粗大ゴミ受付センターに申し込む
まずは、地域の粗大ゴミ受付センターに電話またはインターネットで申し込みます。電話は曜日によってアクセスが集中し、繋がりにくいこともあるため、インターネットを使用するのがおすすめです。基本的に「住所、氏名、品目、サイズ」を聞かれます。
STEP.2
粗大ゴミ処理券を買う
申し込みを終えたら、粗大ごみ処理券を購入します。券はベッド処分にかかる手数料として支払います。自治体で指定されているスーパーマーケット、郵便局、コンビニで販売されているので、買いにいきましょう。
STEP.3
指定場所に出す
粗大ゴミ処理券を購入したら、氏名や受付番号等の項目を埋めてベッドに貼り付けます。自治体で伝えられた日程にベッドを指定の場所まで運び出し、収集してもらえます。

65歳以上の方や障害がある方のみで暮らしていて、部屋からベッドを運び出すのが難しい場合は、収集に来てもらえる可能性があります。

対応は自治体によって決められているため、申し込みの時に確認しておきましょう。

オークションに出品する

オークションに出品する
オークションに出品してベッドを処分する方法もあります。

新品に近い状態のベッドや、ブランドのベッドはヤフーオークションやメルカリでも需要があります。高値で売れている人気のブランドの一例です。

  • シモンズ
  • テンピュール
  • サータ

アプリを使用すれば、登録して商品説明を書くだけなので、出品の手続きも簡単です。
しかしベッドは送料が高く、金額次第では赤字になりかねません。

また、梱包や発送手続きを自分でしなければいけないのがデメリットといえます。

オークションに出品するときのメリット・デメリット
メリット

  • 売れれば処分費用は無料

デメリット

  • 送料が高く、赤字になる可能性がある
  • 売れなければいつまでも処分することができない
ベッドの出品で注意して欲しいのは撮影と傷です。サイズが大きいので撮影できる角度にも限りがあり、見せたくない部分が映り込んでしまう可能性が高く、またベッドの傷や汚れのチェックも大変です。配送に関してはヤマト運輸のらくらく家財宅急便を利用すると集荷から梱包、設置まですべてを一貫して行ってもらえるので便利です。ただし、送料が高いので赤字にならないように気をつけたいですね。

伊坪さん

販売店の引き取りサービスを利用する

ベッドを販売しているお店で引き取りサービスを利用する方法もあります。

ただしベッドの購入者を対象としたサービスのため、引き取りサービスだけ利用することはできません。

一般的に、買い換えで設置してもらう際に、古いベッドを引き取ってもらうといった流れになります。

引き取りサービスは運搬から処分までしてもらえるため、ベッドの買い替えをする方におすすめの方法です。

販売店の引き取りサービスを利用するときのメリット・デメリット
メリット

  • ベッドを運び出してもらえるから手間がかからない
  • お店によっては無料でベッドを処分できる

デメリット

  • ベッドを新しく購入しないと利用できない
  • 別途引き取り料がかかる場合もある

料金の条件が決められていて、無料でサービスを利用できるものから、別途引き取りサービスで10,000円程度かかるものまでサービス内容は様々です。

通信販売でベッドを購入すると、買った品物数と同じ量の家具を引き取ってもらえるといったサービスもあります。

お店によってサービス内容が大きく異なるため、これからベッドを購入する方は比較しておきましょう。

リサイクルショップで売却する

リサイクルショップでベッドを売却し、処分する方法もあります。

ベビーベッドといった一時だけ使用したベビー用品は買い取ってもらえる傾向にあります。

ただし、数年使用したベッドを売るのは難しいことも多いです。

リサイクルショップごとに買取品目が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

リサイクルショップで売却するときのメリット・デメリット
メリット

  • 処分費用は無料で、買い取ってもらえればお金になる
  • 出張買取を行なっている業者にすれば運び出さなくてOK

デメリット

  • 使用状態によってはベッドを買い取ってもらえない
売れるベッドと売れないベッドの基準は有名メーカーやブランドもののベッドなら買い取ってもらえる可能性が高くなります。傷や汚れがついたベッドの場合は難しいのですが、クリーニングや修理をしてくれるショップもありますので探してみるのもオススメです。リサイクルショップへの持ち込みが基本ですが出張買取の場合も配送料がかかる場合もありますので必ず事前にショップへ確認するようにしましょう。

伊坪さん

リサイクルショップで売却する時の手順

リサイクルショップでベッドを売却する際の基本的な流れは以下の通りです。

STEP.1
リサイクルショップを探す
リサイクルショップを選び、品物を店舗に持っていきます。買取には身分証明書が必要なので、運転免許証や保険証を用意しておきましょう。
STEP.2
商品の査定
商品を査定してもらいます。ベッド以外にも買い取ってもらいたい物があれば、一緒に出しましょう。
STEP.3
買取契約
買取価格に納得がいけば、買い取ってもらいます。出張で見積もりをしてもらった場合は、品物を引き取ってもらいます。

不用品回収業者に回収してもらう

ベッドを運び出すのが難しい方や、ベッドを購入する予定のない方は、不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。

業者に依頼すると、運搬や処分を全て任せることができるので、ベッドを簡単に処分することができます。

なかには最短即日で対応してくれる業者や、ベッド1品のみでも回収してくれる業者があります。

自分の予定に合わせて作業日を決められるので、ベッドを今すぐ処分したい方におすすめの方法です。

不用品回収業者のメリット・デメリット
メリット

  • 運搬から処分まで全て任せられるから処分に手間がかからない
  • 自分の都合に合わせて回収日を決められる
  • 他の不用品もまとめて処分できる

デメリット

  • 自治体で処分するより処分費用がかかる
日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

不用品回収業者に回収してもらうときの手順

不用品回収業者にベッドの回収依頼をするときは、基本的に以下のような手順になります。

STEP.1
業者を選び、申し込む
不用品回収業者を選び申し込みをします。電話やメールで依頼することができます。
STEP.2
見積もりを出してもらう
申し込み後、見積もりをしてもらいます。見積もりは電話または訪問か選ぶことができますが、正確な金額を知りたい方は、訪問見積もりを依頼しましょう。
STEP.3
作業を依頼する
見積もりの金額に同意したら、作業日を決めます。業者によっては見積もり後、即日で対応してもらえるところもあります。訪問見積もりの場合は、そのまま回収してもらえます。
STEP.4
料金を支払う
ベッド等の不用品を回収してもらったら、料金を支払います。現金だけでなくクレジットカードでの支払いに対応している業者もあります。
参考:ベッドの処分方法!部屋から運び出せないときはどうすべき?

ベッドを処分するときによくあるお悩み3選

ベッドを処分するときによくあるお悩み

ベッドを処分する時によくあるお悩み3選をご紹介します。

お悩みの解決方法もご紹介しますので、ささっと目を通しておきましょう。

スプリングが入ったマットレスは回収できない自治体が多い

ベッドのマットレスは自治体で収集できないところもあるため、処分にお困りになる方もいます。

マットレスにはスプリングマットレスとウレタンマットレスの2種類があります。

スプリングマットレスは中に入っている素材を取り出さなければいけないことから、自治体によっては収集していません。

回収を行なっている地域でも、ウレタンマットレスより処分費用が高く設定されていることが多いです。

自治体でスプリングマットレスの回収を行なっていない場合は、不用品回収業者に依頼して処分しましょう。

ベッドは買取で処分できないものも多い

ベッドはリサイクルショップに持ち込んでも売れない可能性があります。

なぜなら、中古品のベッドは需要が少ないためです。

しかし、以下のような条件のベッドであれば、買い取ってもらえるかもしれないので、リサイクルショップに問い合わせてみましょう。

買取できる可能性のあるベッドの条件
  • 傷や汚れのない状態の良いベッド
  • ブランドのベッド
  • ベッドのサイズが大きい

数年使用したベッドや、ノーブランドのベッドは買取が難しいため、自治体で処分することをおすすめします。

ベッドを処分したくても部屋から運び出せない

ベッドを処分したくても、部屋の出入り口を通らない、あるいは階上から運び出せない場合は、吊り下げや解体作業を担ってくれる引き取り業者を選択しましょう。

不用品回収業者の中には、吊り下げや解体、マンションなどの階上からの運搬を依頼できる業者も多く存在します。
見積もり時に相談することで、およその料金を確認できる上、料金が上乗せされて請求されることもありません。

自分で電動のこぎりで解体することも可能ですが、怪我や思わぬ事故につながる恐れがあるので専門業者への依頼を検討することをおすすめします。

日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

ベッドを処分する前に知っておくべき注意点

ベッドを処分する前に知っておくべき注意点

ベッドを処分する際に、不用品回収業者を依頼する予定の方は、認可を受けているか調べておくことが大切です。

不用品回収を行っている業者の中には、営業を認められていない違法業者もいます。

違法業者に依頼してしまうと、不法投棄されたり、高額請求されたりと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ですから怪しい業者を見分けるために、業者のホームページを確認したり、所在地を見ておくと良いです。

ベッドの引き取りに関するよくある質問

ベッドの引き取りに関するよくある質問

最後にベッドの引き取りサービスの詳細とよくある質問をチェックしていきましょう。

ベッドの引き取りに関するよくある質問
  • ベッドの引き取りを無料で利用できるサービスは?
  • ベッドは解体したら無料で引き取ってもらえる?

ベッドの引き取りを無料で利用できるサービスは?

ベッドの引き取りを無料で利用できるサービスをまとめました。

サービス名 利用条件
IKEA
IKEA<
IKEA製のベッドのみ対応
新たに商品購入
ナフコ
ナフコ
新たに商品購入
dinos
ディノス
税込69,800円以上の商品購入
一部エリアのみ
ベルメゾン
ベルメゾン
販売価格税込41,800円以上
新たに商品購入
島忠
島忠
新たに商品購入

公式サイトで条件をご確認の上、ご利用ください

販売店のベッドの引き取りサービスは、商品を購入しないと利用できません。

処分のみを検討されている方は、おすすめ業者をご覧ください。

ベッドは解体したら無料で引き取ってもらえる?

女性Cさん

ベッドって細かく解体したら普通のごみとして処分できる?

ベッドを解体して指定の袋に入るサイズにすれば、無料で回収している自治体もあります。

ただし、ベッドのように解体前のサイズが大きいものは解体しても粗大ごみに出すように決められている地域もあります。

【自治体別】解体時のベッドの引き取り状況
  • 札幌市:解体可(指定ごみ袋の口がしばれれば普通ごみに出せる)
  • 新宿区:解体不可(解体しても粗大ごみ)
  • 横浜市:解体不可(解体しても粗大ごみ)
  • 静岡市:解体可(可燃性で1m以内であれば可燃ごみへ)
  • 福岡市:解体不可(解体しても粗大ごみ)

地域ごとに対応が異なるので、解体する前に自治体のホームページをご確認ください。

ベッドの引き取りを業者に依頼するならどこがおすすめ?

ベッドの引き取りを業者に依頼するならどこがおすすめ?
ベッドは家具量販店でも回収してもらえますが、運搬から買取や処分まで対応してくれる不用品回収業者が断然便利です。

不用品回収業者なら、以下の業者をおすすめします。

  • 日本不用品回収センター
  • ECO助っ人
  • 不用品回収センター
口コミの良さや利用しやすい料金設定が人気の理由です。

日本不用品回収センター

日本不用品回収センター

会社概要
サービス名 日本不用品回収センター
料金 4,900円〜
特徴 積み放題パックだからベッド以外もまとめて処分できる
電話番号 0120-961-609
公式サイト https://fuyouhin-center.jp/

ベッドの引き取りを業者に依頼するなら、日本不用品回収センターがおすすめです。

日本不用品回収センターは最短30分で回収に来てくれるスピードと料金で人気を集めています。

業界最安値の水準で安くベッドを処分したい方はぜひチェックしてみましょう。

\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

ECO助っ人

ECO助っ人

会社概要
サービス名 ECO助っ人
料金 5,000円〜
特徴 追加パックがあるからほかの不用品も回収依頼しやすい
電話番号 0120-082-043
公式サイト https://eco-suketto.jp/

他社価格に徹底対抗しているECO助っ人もベッドの引き取りを依頼できます。

基本料金が不要の定額パックが人気で、見積もり価格が他社よりも高い場合は申し出ることで対応してもらえます。

ホームページからすぐに連絡がつながるか確認できる点も、多忙な方にはうれしいポイントです。

不用品回収センター

不用品回収センター

会社概要
サービス名 不用品回収センター
料金 4,800円〜
特徴 出張見積もりも無料で依頼できる
電話番号 0120-949-966
公式サイト https://suisan-portal.jp/

出張見積もりも無料で依頼できる不用品回収センターもおすすめです。

階段から運搬や窓からの運び出しの必要の有無など出張で見積もりしてもらえば、後に請求費用が増える心配もありません。

ドアが狭くて運搬してもらえるか不安な方は、不用品回収センターの出張見積もり後の引き取り依頼が最適です。

監修者様のコメント

ベッドの処分は、やはり1番手軽で簡単な引き取りサービスが安心で便利だと思います。ただし大型家具であるが故に完全に無料となるのは難しいので、必ず事前に相談、確認をして納得してから依頼するようにしましょう。

伊坪さん

ベッドの引き取りサービスまとめ

ベッドの引き取りサービス|まとめ
  • ベッドの引き取りサービスは新たにベッドを購入しないと利用できないお店が多い
  • 自治体で捨てると自分で運ばなければいけないので大変
  • 手間なく捨てるなら不用品回収業者がおすすめ
  • 日本不用品回収センターなら定額パックで格安回収!24時間365日受付!
日本不用品回収センター
 
\公式サイトなら最大10,000円オフ!/

今回はベッドの処分方法5選をご紹介しました。

ベッドを処分する方法には、無料で処分する方法や、不用品回収業者に回収してもらい簡単に捨てる方法まであります。

ベッドの状態や処分にかけられる費用によって、最適な方法が異なるため、あなたの都合にあった方法を選択しましょう!

ニトリで家具を引き取ってもらう方法 ニトリの家具引き取りサービスは無料?知らないと損する回収キャンペーンも解説 テレビ処分 壊れたテレビは無料回収してもらえる?知らなきゃ損するおすすめの処分方法6選! タンス処分方法 婚礼タンスの処分方法6選!ニトリの引き取りサービスや解体する方法まで