ヤマダ電機でパソコンを無料で廃棄できる?持ち込みの方法から注意点まで徹底解説!

ヤマダ電機でパソコンを持ち込み処分する方法

使わなくなったパソコンの処分に困っている方はいませんか?

ヤマダ電機の店舗では、パソコンの持ち込み回収に対応しているため、使わなくなったパソコンを簡単に処分できます。

この記事では、ヤマダ電機のパソコン廃棄サービスについて詳しくご紹介します。

サービスを利用する際の注意点も解説していくので、初めて利用する際の参考にしてみてください。

ヤマダ電機でパソコン廃棄する方法

ヤマダ電機でパソコン廃棄する方法

ヤマダ電機では、古いパソコンや壊れたパソコン、自作パソコンなどを無料で処分しています。

付属品が欠けているパソコンでも、問題なく廃棄できます。

ヤマダ電機でパソコンを廃棄する方法は、次の2種類から選べます。

ヤマダ電機でパソコンを廃棄する方法
  • 店舗持ち込み
  • 宅配便

それぞれの廃棄方法について説明していきます。

参考:ヤマダインバースネット パソコン無料処分サービス

近くのヤマダ電機の店舗に持ち込み

ヤマダ電機の店舗では、事前予約や申込不要でパソコン廃棄を受け付けています。

パソコンだけでなく、携帯電話や小型家電もまとめて引き取ってもらえるため、処分したいものが複数ある場合に便利です。

廃棄だけの依頼であれば、身分証の提示などは必要ありません。

ヤマダ会員じゃない人でも問題なく対応してもらえるので安心です。

種類 処分料金
パソコン本体
ノートパソコン
キーボード
マウス
無料
液晶モニター 1,100円
ブラウン管モニター 2,200円
液晶モニター 4,400円

宅配便で指定場所へ送る

自宅近くにヤマダ電機の店舗がない場合は、パソコンを指定の場所まで宅配便で送って廃棄する可能です。

最寄りの佐川急便に電話すれば、指定の日時に自宅まで集荷に来てもらえます。

この方法であれば自宅から一歩も出ずにパソコンを処分できるので、忙しくて店舗に出向くことができない人におすすめです。

パソコンと一緒にディスプレイ・マウス・キーボードなどを送れば、無料処分してもらえます。

ただし、無料回収に対応しているのは佐川急便のみです。

別の配送業者に依頼すると有料になってしまうので、利用する際は注意しましょう。

処分するパソコンの配送先
  • 住所:〒321-0602 栃木県那須烏山市大桶970
  • 宛先:パソコン処分サービス
種類 処分料金
パソコン本体
ノートパソコン
パソコン周辺機器*
液晶モニター*
無料
モニターのみ
パソコン周辺機器のみ
対応不可

*パソコンを処分する際に利用可能。パソコン周辺機器やモニターのみの処分は対応不可。

ヤマダ電機へ持ち込むと無料でパソコン廃棄できる理由

ヤマダ電機へ持ち込むと無料でパソコン廃棄できる理由

そもそもなぜヤマダ電機がパソコン廃棄を無料で受け付けているのか、疑問に思う方もいるでしょう。

「本当は有料なんじゃないの?」「あとからお金を取られるのでは?」と不安になるかもしれませんが、壊れているパソコンや型が古いパソコンでも、廃棄する際にお金を請求されることはありません。

なぜなら、回収したパソコンは資源を再利用したり部品販売ができたりするためです。

使い古したパソコンや壊れたパソコンは、そのままの状態で売ることは困難ですが、解体してパーツや部品を販売すれば利益が出ます。

また、パソコンに使用されている金属やプラスチック素材はリサイクルできるため、そのまま捨てるよりも環境への負荷を軽減できます。

処分方法に困っているパソコンがあるなら、ヤマダ電機の店舗に持ち込んで廃棄を依頼しましょう。

ヤマダ電機への持ち込みでパソコン廃棄するときの注意点

ヤマダ電機への持ち込みでパソコン廃棄するときの注意点

ヤマダ電機にパソコン廃棄を依頼するときは、いくつか注意すべきポイントがあります。

データを消去しておく

ヤマダ電機の店舗では無料でパソコンを回収していますが、データ消去は無料で行なっていません。

パソコンのデータ消去を依頼する場合は有料になります。

無料で行なっているのは、パソコンの回収・廃棄のみです。

データ消去まで無料で依頼したい場合は、店頭への持ち込みではなく、宅配便での廃棄がおすすめです。

ヤマダ電機が指定する場所に佐川急便着払いで送付すれば、パソコンの廃棄からデータ消去まで無料で対応してもらえます。

データ消去にお金をかけたくない場合は、宅配便で廃棄する方法を選びましょう。

データ消去をせずにパソコンを廃棄すると、住所や写真などの個人情報が流出してしまう危険性があります。

一度流出してしまった個人情報を回収するのは、ほぼ不可能です。

自力で消去できない場合は、データ消去まで対応してくれる回収方法を検討しましょう。

回収してもらえないパソコンがある

ヤマダ電機の店舗では、すべてのパソコンの回収・廃棄に対応してもらえるわけではありません。

以下のパソコンは、無料回収・廃棄サービスの対象外になります。

ヤマダ電機で廃棄できないパソコンの種類
  • ブラウン管型パソコン
  • パーツ取り外しパソコン
  • 液晶モニター
  • タブレットパソコン
無料回収・廃棄の対象となるのは基本的にノートパソコンのみであり、モニターなどの付属品の廃棄は有料処分となります。

パソコン本体の回収・廃棄がメインのサービスであるため、付属品のみや液晶モニターのみの廃棄には対応していません。

サービスを利用する前に、ヤマダ電機のホームページで無料廃棄できるパソコンを確認しておきましょう。

パソコンの持ち込みに対応していない店舗がある

ヤマダ電機は、パソコンの持ち込み廃棄に対応している店舗と対応していない店舗があります。

そのことを知らずに近くの店舗に持ち込むと、廃棄を断られる場合があるので注意が必要です。

ヤマダ電機は店舗によってサービス内容が異なるので、パソコンの持ち込み廃棄を検討している方は、事前に最寄りの店舗に問い合わせておきましょう。

あらかじめ確認しておけば、時間を無駄にすることがありません。

ヤマダ電機への持ち込み以外でパソコン廃棄する方法

ヤマダ電機への持ち込み以外でパソコン廃棄する方法

ヤマダ電機で廃棄を断られたパソコンは、以下の方法で廃棄できます。

ヤマダ電機で廃棄できないパソコンの処分方法
  • 自治体委託業者
  • 製造メーカー
  • 他の家電量販店
  • 不用品回収業者
  • リサイクルショップ
  • フリマアプリ
  • 友人や知人
それぞれの廃棄方法について詳しく説明するので、自分に合った処分方法を探してみてください。

自治体委託業者に依頼する

基本的に自治体での粗大ゴミや不燃ごみではパソコンを回収してもらえませんが、自治体によっては民間業者にパソコンの収集運搬を委託しているケースがあります。

自治体のホームページで情報を公開しているので、事前に確認してみましょう。

ただし、自治体委託業者に依頼する場合は有料になるので注意が必要です。

自治体によっては回収ボックスを設置して、小型家電のリサイクル回収を行っている場合があります。

回収ボックスであれば無料で廃棄できるので、自治体のホームページなどで回収ボックスの設置場所を確認しておきましょう。

パソコンをはじめ、携帯電話やデジタルカメラ、ゲーム機や電子書籍端末など、回収ボックスに入る大きさの小型家電であれば、まとめて廃棄できるので大変便利です。

ただし、デスクトップ型のパソコンは小型家電に含まれません。

ノートパソコンとデスクトップ型のパソコンとでは処分方法が異なるので注意が必要です。

製造メーカーに依頼する

パソコンの製造メーカーに直接依頼して廃棄することもできます。

メーカーによっては、新しい製品の購入と同時に下取りしてくれるサービスもあります。

ただし、PCリサイクルマークのないパソコンは、廃棄処分料を負担する必要があるので注意が必要です。

PCリサイクルマークとは、2003年10月以降に販売されたパソコンに貼り付けられているシールのことです。

このマークがあるパソコンは購入時にリサイクル料金をすでに支払っているため、廃棄する際に処分料を負担する必要はありません。

2003年以前に購入した古いパソコンを廃棄する際は、数千円の処分料がかかります。

メーカーによって処分料は異なるので、事前に確認しておきましょう。

PCリサイクルマークのない古いパソコンや自作パソコンを処分する際は、自治体の回収ボックスに廃棄するなど、無料で処分する方法を検討しましょう。

他の家電量販店に依頼する

ヤマダ電機以外の家電量販店でも、無料でパソコン廃棄を行なっています。

すべて全国展開している家電量販店なので、地方に住んでいる方も近くの店舗に持ち込んで簡単に廃棄できます。

ただし、パソコン廃棄に有料で対応するところもあれば、データ消去まで対応しているところなど、家電量販店によって対応はバラバラです。

ヤマダ電機と同様に、パソコン廃棄を受け付けていない店舗もあるので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

ヤマダ電機以外でパソコンの廃棄を行っている家電量販店
  • ビックカメラ
  • ケーズデンキ
  • エディオン
  • ヨドバシカメラ
  • ジョーシン
  • ベスト電器
  • ノジマ

ヤマダ電機以外の家電量販店のパソコン回収サービスは後述しています。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、パソコンだけでなく、家具・家電などの不用品をまとめて回収してくれます。

最近は24時間・年中無休で依頼に対応している業者もあり、早ければ当日中に回収することも可能です。

希望の日時に回収してくれるため、忙しい人も利用しやすい方法だといえます。

自宅まで不用品を引き取りに来てもらえる利便性の高さも魅力です。

不用品の運び出しや運搬などの作業はすべてスタッフが行ってくれるため、重たいパソコンを処分する際に手間がかかりません。

定額パックなどの明朗会計でサービスを展開している業者に依頼すれば、大量の不用品も比較的低料金で処分できます。

パソコンのほかにも処分したい不用品が複数ある場合は、一番便利な処分方法だといえるでしょう。

ただし、不用品回収業者の中には悪徳業者が紛れている可能性があるので、業者選びは慎重に行う必要があります。

データ消去の対応も業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

リサイクルショップに持ち込む

近所のリサイクルショップに持ち込めば、その場でパソコンを買い取りしてもらえます。

人気メーカーで年式が比較的新しいパソコンであれば、高価買取を期待できるでしょう。

壊れたパソコンでも部品を再利用できるため、買取価格が発生します。

リサイクルショップはさまざまな品目を扱っているため、パソコンと一緒に自宅にある要らないものをまとめて売却できます。

出張買取に対応している店舗もあるので、不用品の数が多い場合やデスクトップパソコンを店頭まで持ち運ぶことが難しい場合は、自宅まで引き取りに来てもらえます。

パソコンを現金にしたいと考えている方には、一番おすすめの方法です。

フリマアプリなどを使用して個人間で売買する

フリマアプリやネットオークションなどを利用して、個人間取引でパソコンを売却する方法もあります。

パソコンの売買ができるフリマアプリ
  • メルカリ
  • ヤフオク!
  • モバオク
  • ebay
有名なフリマアプリ、オークションサイトであれば利用者が多いため、パソコンを買い取ってくれる人が見つかりやすいといえます。

リサイクルショップだと1,000円程度でしか売れないパソコンでも、フリマサイトなら倍以上の価格で売ることも可能です。

出品する際の価格は自分で設定できるので、パソコンを少しでも高く売りたい人におすすめの方法だといえます。

スマホだけで簡単に出品・売却できる手軽さも魅力の一つです。

ただし、購入希望者が現れないと売れるまでに時間がかかるため、「不要になったパソコンを今すぐ処分したい」という人には向きません。

また、個人間取引はクレームなどのトラブルがつきものです。

入金や配送など、相手とのやり取りに気遣いが必要なので、面倒な手間をかけずに処分したい人には不向きです。

パソコンを出品する前に、データを消去しておくことも大切です。

パソコンを初期化しても復元ソフトを使えば、消去したデータを閲覧されてしまいます。

個人情報の漏洩を防ぐためにも、データは完全消去してから出品しましょう。

さまざまなリスクを承知のうえで、フリマアプリやオークションを慎重に利用する必要があります。

友人や知人に譲る

パソコンを欲しがっている友人や知人がいれば、譲るのも良いでしょう。

自分では使わないパソコンも、他の人には使い道があるかもしれません。

年式の古いパソコンであっても、安くパソコンを手に入れたいと思っている人なら快く受け取ってもらえる場合があります。

誰かに譲ってしまえば無料で処分できるうえに、面倒な手間もかかりません。

ただし、友人や知人に譲る場合でも、データ消去は忘れず行っておきましょう。

ヤマダ電機以外にパソコンを持ち込みできる家電量販店

ヤマダ電機以外にパソコンを持ち込みできる家電量販店

家の近くにヤマダ電機がないという方は別の家電量販店の回収サービスも気になりますよね。

ここではケーズデンキ、エディオン、ビックカメラの家電回収サービスをご紹介します。

パソコンの処分にお困りの方はぜひ確認しておきましょう。

ヤマダ電機以外にパソコンを持ち込み処分できる家電量販店

ケーズデンキ

ケーズデンキ

ケーズデンキではパソコンの持ち込み処分に対応しています。

パソコン本体を無料で回収してもらえます。

ただし、無料で処分できるのはパソコン本体のみでモニターやパソコン周辺機器を処分するには費用がかかります。

パソコン以外にも無料で回収している家電があるので、処分したい小型家電があれば、同時に持ち込むと良いでしょう。

ケーズデンキの店頭で無料回収している家電
  • パソコン本体
  • デジタルカメラ
  • カーナビゲーション
  • ゲーム機
  • 携帯音楽プレーヤー
  • タブレット端末
  • 携帯電話
  • 電子辞書
  • テープレコーダーなど

ヤマダ電機のような宅配サービスはないので、郵送処分したい方にはおすすめしません。

参考:ケーズデンキ 家電リサイクル

エディオン

エディオン

エディオンの店頭ではパソコンの無料回収を行っています。

HDD・CPU・マザーボードが含まれていれば自作パソコンも無料回収の対象です。

キーボードのようなパソコン周辺機器は回収してもらえますが、モニターは有料回収なので気をつけてください。

参考:エディオン 小型家電リサイクル

ビックカメラ

ビックカメラ

ビックカメラではパソコンを持ち込み処分することができません。 

ただし、有料の宅配回収を行っています。

1箱あたり1,958円で自宅まで回収に来てくれます。

段ボールは(3辺の合計160cm、30キロ)以内の物のみので、規定のサイズを超えると回収してもらえません。

参考:ビックカメラ パソコン・小型家電リサイクル

ヤマダ電機に持ち込みでパソコン廃棄する方法まとめ

この記事では、ヤマダ電機にパソコンを持ち込んで廃棄する方法について紹介しました。

ヤマダ電機の店舗に持ち込めば、壊れたパソコンや自作パソコンでも無料で廃棄できます。

ただし、廃棄を受け付けていない店舗もあるので、事前に電話などで問い合わせておきましょう。

「近くにヤマダ電機の店舗がない」「店舗まで出向く時間がない」という人には、宅配便で廃棄する方法がおすすめです。

ヤマダ電機で廃棄できなかったパソコンは、リネットジャパンで無料回収できます。

不用品回収業者では買取サービスも行なっているので、パソコンなどの不用品をお得に処分できます。

まずは気軽に無料見積もりを依頼してみましょう。

家具の処分にお困りの方はニトリの家具引き取りサービスの記事をあわせてご覧ください。