TitanFXは口座開設・入金ボーナスを提供しているの?

titanfxボーナス

TitanFXの口座開設を考えているトレーダーが最初に気になるポイントは、
やはり「ボーナスの有無」になるかと思います。

他の海外FXブローカーでは口座開設ボーナスや入金キャンペーンといった広告を
よく見かけますが、TitanFXではそういった広告を一切見かけないですよね?

実際、TitanFXの公式ホームページを見てもキャンペーンの告知は一切ありません。
結論から申し上げますと、TitanFXは口座開設ボーナスといったキャンペーンを
一切行っておりません。

ここまで読んだ方は、『じゃあTitanFXは開設しなくていいや』と思ったかもしれませんがちょっと待ってください。TitanFXがあえてボーナスやキャンペーンを提供していないのにはちゃんとした理由があります。

ボーナスやその他の特典がない一切ない代わりに、トレーダーに公平な取引環境を提供しているのがTitanFXという海外FXブローカーなのです。

それでも、どうしてもボーナスが最優先という方にはキャッシュバックサイトを経由して
ボーナスを受け取る方法
をこの記事の後半でご紹介します。

TitanFXとは?基本情報をご紹介

 TitanFXとは

TitanFXは3つの理念をモットーとしている海外FXブローカーです。

TitanFXのコアバリュー
  1. 信頼
  2. 安心
  3. 価値

TitanFXでは採用できるスタッフに一定の基準を設けており、人材開発に投資することでユーザーへ質の高いサービスの提供を可能にしています。

また取引インフラへの投資を重点的に行い取引環境の最適化を進めており、データのバックアップ体制も万全です。

他社がボーナスやキャンペーンに力を入れている中で運用コストの予算を取引プラットフォームに割り当て、取引をするうえで最も重要となるスプレッドをできる限り抑えることに視点を置いているのがTitanFXの特徴です。

TitanFXがボーナスを提供していない理由

TitanFXがボーナスを提供していない理由

TitanFXがボーナスを提供していない理由は、「ユーザーへ提供するサービス面の強化」にあります。
他の海外FXブローカーはキャンペーンこそ充実しているものの、そのコストをスプレッドなどで回収しなければなりません。

国内のブローカーに比べて海外FXのスプレッドが全体的に広い理由はここにあります。
前項の価値の部分でも書きましたが、TitanFXはボーナスへのコストを抑えていることで業界最高水準のスプレッドの狭さを実現しています。

理由①スプレッドが狭い

繰り返しになりますが、TitanFXは他社と比べて「スプレッド」が狭いことが大きな特徴です。

スプレッドとは買値と売値の差ですが、初めての方はスプレッドが狭いといわれてもピンとこないかもしれません。

「スプレッドが広いほどエントリー時に含み損が多い状態でスタートしてしまう」という感じでイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。

つまり、スプレッドが狭ければ狭いほど取引が有利になります。

トレードに慣れてくるほど低スプレッドでトレードすることのメリットが実感できるはずです。

ボーナスキャンペーンの存在自体は確かに魅力的なのですが、それがトレードの結果に繋がるかといえばもちろんそうではありません。

むしろ同じ海外FX会社で長く取引を続けるのであれば、TitanFXのように低スプレッドで取引ができるブローカーのほうが利益率の向上が期待できます。

当然ながら、スプレッドのコストは取引回数が増えてくごとに大きくなっていきます。

元々スプレッドが広い傾向にある海外FXだからこそ、低スプレッドのブローカーを選択することが重要になってくるのです。

理由②約定力が高い

運用サーバーの強化に投資を続けているTitanFXは、「約定力」の高さにも定評があります。

エントリー回数が比較的少ないデイトレーダーやスイングトレーダーであれば、約定力が高いといわれてもいまいちピンとこないかもしれません。

一方で、一日の間に数回取引をするスキャルピングトレーダーにとって約定力は重要視されるポイントになります。

約定力が低ければ低いほど注文時にエラーが発生する確率が高くなり、狙ったタイミングでエントリーすることが難しくなります。

FXを初めて間もないトレーダーはまだ実感したことがないかもしれませんが、サーバーの弱い海外FXだとボラティリティが高い状況でなかなかエントリーできないというのはあるあるだと思います。

約定力が高いということは、指標発表前後などボラティリティが高まる相場でも安心して取引できるということです。

何より約定力の高さはサーバー面がしっかり管理されているということでもあり、会社の信頼性の高さにも繋がります。

TitanFXを利用するメリット

TitanFXを利用するメリット

TitanFXを利用するメリットは、前述した「低スプレッド」と「約定力」以外にもあります。

TitanFXの8つのメリット
  • 本人確認書類不要のクイック口座開設
  • 他の海外FX口座と連携可能
  • NDD方式採用による透明性の確保
  • 高いレバレッジと低いロスカット水準
  • 世界的展開によりサービス基盤がしっかりしている
  • 市場分析レポートが見られる
  • 日本語サポートの充実
  • ゼロカットシステム

TitanFXは最も簡単に取引口座を開設することができます。
通常だとFXの取引口座を開設する場合は本人確認書類が必要であり、尚且つ必要事項の記入をしなければなりません。

国内FXで開設する場合は特に時間がかかりますが、TitanFXならクイック口座開設が可能なので本人確認書類が必要ありません。
ただし、入金するには本人確認と住所確認を済ませておく必要があるので注意しましょう。

TitanFXと他の海外FXブローカーを併用するのであれば知っておきたいポイントが、「取引口座間の資金移動を直接行うことができる」という点です。

通常であれば他の取引口座の資金を別の口座に移す場合、一旦出金申請を行って着金後に改めて別口座に入金するといった手続きが必要になります。

例)Aの口座⇒Bの口座に資金移動する場合
  1. Aに出金申請
  2. 数日後に銀行に着金
  3. 着金した資金をBに入金

上記が通常の資金移動の流れとなります。
一見するとそこまで手間に感じませんが、入出金時の振込手数料がかかるうえに時間も最短で3~5営業日かかります。

さらに、ブローカーによっては出金手数料や入金手数料も発生することもあります。

TitanFXは特定のFXブローカー間であれば直接資金を移動させることができ、手数料も無いので気軽に資金を移すことができます。

気軽に資金を移動できる大きなメリットは、一つの海外FXブローカーに何か問題が起きた場合に利益を含めた資金をすぐに避難させることができるという点にあります。

一社だけでは問題が起きたときに投資資金が危機に晒されるリスクがありますが、数社の取引口座を所持しておくことで万が一の場合のリスクを分散させることができるわけです。

TitanFXから資金移動が可能なブローカー一覧
  • MYFXmarkets
  • Axiory
  • FXPro
  • FXDD

上記の海外FXブローカーはTitanFXと連携しているので、直接資金を移動させることが可能です。

次に解説する「NDD方式」や「レバレッジ」といった特徴は、主に国内FXブローカーと比べた際のメリットとなります。
まず、NDD方式はブローカーを挟まずにインターバンク市場に注文を直接流す注文の執行方法です。

ブローカーを挟まないことにより透明性が高い取引ができるので、不正なレート操作が行われにくい特徴があります。
株式取引を行っている方はイメージがしやすいのではないでしょうか。

国内FXブローカーの場合はDD方式で注文が執行されるため、業者が顧客の注文を処理する形となります。

そして気になるTitanFXのレバレッジは、最大500倍です。
国内FXと比べるともちろん高いですが、海外FXとして考えるとやや低い印象を受けます。

ハイリスクハイリターンな取引こそできないものの、普通にトレードする分には全く問題ありません。
ロスカット水準も20%と最低水準です。

TitanFXではあらゆるサービスを世界各地に展開させています。
以下の内容は流し読みしてもらってかまいませんが、読むことによりTitanFXがどういった企業かよく理解できると思います。

TitanFXはリテールブローカー業務の拠点をバヌアツ共和国に置き、サポートセンターや取引サーバーを金融業の中心地であるアメリカのニューヨークで稼働させています。
イギリスには金融テクノロジー開発がありクライアントキャビネットや新技術の開発部門はオーストラリア、そして後述する経済市場分析データセンターがインド経済中心地のムンバイにあります。

ムンバイにある経済市場分析データセンターでは、経済市場の動向が日々分析されています。
市場の分析レポートはTitanFXの公式ホームページより読むことができるので、気になる方は一度チェックしてみるとトレードの参考にできるかもしれません。

海外のブローカーを使ううえで欠かせないのが、やはり日本語サポートの存在ですよね。
マイナーな海外FXだと日本語サポートがないところが多かったり、公式ホームページも変な日本語があったりすることが多いです。

その点、TitanFXは大手と比べると比較的マイナーではありますが日本語サポート体制万全なので安心できます。

TitanFXの最後のメリットは、「ゼロカットシステム」が採用されている点です。
ゼロカットシステムとは、「口座にある資金を超えた損失が発生しない」という大きなメリットを得られる仕組みです。

特にハイレバレッジで取引できるブローカーになるほど、ゼロカットが採用されているかどうかは非常に重要となるので取引の前に必ず確認しましょう。
ゼロカットシステムがあれば追証が発生することがないので、高レバレッジの取引でも安心して取引を行うことができます。

他の海外FXブローカーと比べるとスプレッドや約定力といった取引環境以外にわかりやすい強みはないものの、逆にいえばTitanFXほど公平なブローカーは他にないといえます。
企業の信頼度で選ぶのであればTitanFXとなるでしょう。

TitanFXを利用するデメリット

TitanFXを利用するデメリット

ここまで読んだ方ならメリットは把握していただいたかと思うので、次はTitanFXのデメリットをお伝えします。

TitanFXの4つのデメリット
  • ボーナスとキャンペーンなし
  • レバレッジが低い
  • ライセンスの信頼性
  • 高めの入金額設定

上の二つについては既にご説明したので省略させていただきます。
TitanFXは金融ライセンスを所持してはいますが、ライセンスの信頼性はそこまで高くありません。

所有しているのはバヌアツ共和国が発行している「VFSC金融ライセンス」となります。
VFSC金融ライセンスの信頼性がなぜ低いかというと、他の金融ライセンスと比べて取得するまで審査が緩いからです。

ライセンスができたのも比較的最近なので信頼力はやはり弱いといえるでしょう。
とはいえ、金融ライセンスがない海外FXブローカーより、金融ライセンスがあるブローカーのほうが断然信頼性があることは確かです。

TitanFXの一番のデメリットは最低入金額の高さにあるといえます。
2021年12月現在だと、TitanFXへの最低入金額は10万円となっています。
※最高入金金額は一回につき1,000万円まで

入金手数料はその分無料となっていますが、今からFXを始めようとしているFX初心者にとっては10万円という金額はなかなかハードルが高く感じるかもしれません。
一方で、入金後の取引口座への反映速度は1時間~1営業日と他のブローカーより早いです。

TitanFXをお得に利用する方法

TitanFXをお得に利用する方法

それでは最後に、これからTitanFXを開設しようとしている方にとって一番気になるポイントを開設します。
TitanFXでは、ボーナスやキャンペーンといったサービスが一切提供されていないことは既にお伝えしました。

しかし、TitanFXでも取引ボーナスを受け取る方法があります。
それでは具体的なTitanFXでのボーナスの受け取り方を解説します。

キャッシュバックサイトを利用する

ボーナスを受け取りたいのであれば、キャッシュバックサイトを利用してTitanFXの口座を開設しましょう。
TitanFX公式ホームページから口座を開設してもボーナスは獲得できませんが、キャッシュバックサイトを経由することでボーナスを間接的に獲得できるという裏技があります。

キャッシュバックの仕組みを知らない方だと、『キャッシュバックサイトを利用することでデメリットはないの?』と不安になるかもしれません。
キャッシュバックサイトの利用は口座開設までの手続きが少し長くなるぐらいで、その他にデメリットといえるデメリットは存在しません。

とはいえ、キャッシュバックサイトの中には悪質業者が潜んでる可能性もあるので、サイト経由で口座開設する場合は念のためきちんと確認しておきましょう。

【TitanFXは口座開設・入金ボーナスを提供しているの?】まとめ

この記事では、TitanFXのボーナスの有無を中心にTitanFXの特徴をご紹介しました。

TitanFXの8つのメリット
  • 本人確認書類不要のクイック口座開設
  • 他の海外FX口座と連携可能
  • NDD方式採用による透明性の確保
  • 高いレバレッジと低いロスカット水準
  • 世界的展開によりサービス基盤がしっかりしている
  • 市場分析レポートが見られる
  • 日本語サポートの充実
  • ゼロカットシステムの採用
TitanFXの4つのデメリット
  • ボーナスとキャンペーンなし
  • レバレッジが低い
  • ライセンスの信頼性
  • 高めの入金額設定

低スプレッドかつサービス基盤がしっかりしているので、TitanFXは信頼できる企業でありメインでの利用に向いている海外FXブローカーです。